読み込み中...

【Mac データ復旧 業者】本当におすすめできる3社厳選

【Mac データ復旧 業者】本当におすすめできる3社厳選

お使いのMacが壊れてしまって、内蔵ストレージに保存されているデータをどうしても救出してほしい。とお考えの方にMacのデータ復旧業者を含めておすすめの選定方法をご紹介いたします。

Macはラップトップ、デスクトップなどの違いやHDDやSSDなどストレージの違いがありますので、解説させていただきます。

データ復旧とは

「データ復旧」とは、Macが壊れたり、保存したデータを間違って消したり、フォルダにアクセスできなくなったことで使うことができなくなったデータを使えるようにすることです。

スマートフォンやコンピュータ、外付けの大きなデータ保存装置(ハードディスク)、SDカードやUSBメモリのような小さな記憶装置も含めて、これらに保存されている情報は、突然の故障や間違った操作で失われることがあります。こうなると、保存してあった情報が使えなくなります。

こういった問題を解決するためには、データ復旧専門の業者が必要です。中には警察などの公的機関からも頼られる信頼できる業者もあります。そういった業者では特に技術や設備、またセキュリティ面への配慮が十分になされているので、法人個人問わず利用することが可能です。

メーカーで提供するデータ復旧サービスもありますが、データ復旧を専門に行うデータ復旧業者もあります。

Appleではデータ復旧サービスを提供していません

MacのメーカーであるAppleではデータ復旧サービスを提供していません。修理サービスのみです。修理サービスでは初期化を伴いますので、データ復元することができない状態になります。一方で専門業者が提供するデータ復旧サービスの利用に対して寛容です。ハードドライブデータの修復とそれに対してはデータ復旧業者を利用してもアップルの保証内修理を受けることが可能です。
【関連】ハードドライブデータの修復と保証の関係 – Apple サポート (日本)

POINT

メーカーであるAppleでもデータ復旧業者が提供するデータ復旧サービスの利用を公式に認めています。無料診断を提供している業者がほとんどですので、利用なさることをおすすめします。業者によってはMacのモデルによって診断費用が有料になる場合もあります。

壊れたMacにはデータ復旧サービスの無料診断

データ復旧業者は依頼主の必要としているデータを壊れたMacの中から復旧します。Macの表面的な部分は同じように見えても、中で使用されているハードドライブ(ハードディスク)やSSDのメーカーが異なる場合がほとんどです。

それぞれの部品はメーカーの品質基準をクリアしているものの、異なるためデータ復旧作業は煩雑になります。そのため、事前に診断作業を行い、診断結果とともに見積りや納期を確認した上でデータ復旧業者に発注できるようになっています。

データ復旧率を上げるためのポイント

Macのデータ復旧率を高めるためのポイントを以下にまとめますので、ご確認ください。Macの故障で最も多いのは自然故障です。今まで使えていたのに急に電源が入らなくなってしまったり、画面がつかない状態になってしまいまうことを自然故障と言います。

データ復旧業者ではそれを「物理障害」と定義します。その状態になったときにご自身で何か処置をすることで改善するどころか壊れてしまうこともありますので、以下をご参考に対処してください。

電源が入らない、という状態でもシステムも損傷する「論理障害」が起きている場合があります。論理障害も起きている場合には個人で何か対処することでシステムが初期化されたり、OSが壊れたりすることでデータが完全に壊れてしまい復旧できなくなることもあります。データ復旧業者ではどのような障害にも対応可能ですので、まずは専門家にご相談ください。

Macが立ち上がるのに時間がかかる場合は使用停止

Macを立ち上げる際に時間がかかったり、ボタンを何度か押しても電源が入らない場合にはそれ以上何かすることでさらに状態が悪化する可能性があります。利用を停止して何もしないようにしてください。

虹色のカーソル(レインボーカーソル)が表示される場合は使用停止

Macは立ち上がりや切り替えのときに読み込む情報が多かったり、負荷がかかると虹色のカーソルが表示されくるくると回る状態になります。これはMacへの負荷が高く、壊れる可能性もある状態であるため、これ以上の作業負荷がMacにかからないようにするために表示されているとお考え下さい。それ以上の使用は避けてください。

白い画面が表示される場合は使用停止

Macは正常に立ち上がるとAppleのロゴが表示され、ログイン画面に遷移します。ただし、故障に近い状態のときには白い画面が表示されてしまいます。この場合には電源が入りますが、システムが壊れており、OSが立ち上がらない状態です。HDD、SSD、ロジックボード、あらゆる箇所の故障が考えられますので、直ちに電源を切っていただき、データ復旧業者にご相談ください。

【結論】データが必要ならデータ復旧業者へ

壊れているMacに対してご自身で何かを行うよりデータ復旧の専門家にご依頼されることを何よりもおすすめします。重要なデータが保存されている場合にはデータ復旧業者での無料診断がおすすめです。以下にデータ復旧業者を選ぶ際のポイントをまとめますので、ご参考になってください。特におすすめできる業者はDATASMARTです。

データ復旧業者を選ぶ際のポイント

Macに対応しているデータ復旧業者は多くありません。また、HDDやSSDなど内蔵ストレージが異なれば、場合によっては対応できない業者もいます。iMac、MacbookProやSSD、HDDといったストレージの形式もさまざまです。ストレージ製品を問わずデータ復旧に対応しているデータ復旧業者を選ばれることを推奨します。
【関連】HDDデータ復旧業者のおすすめ選定基準

①技術力の高さ

最も重視しなければならないのは技術力の高さです。技術力の高さを評価する上での指標の1つがデータ復旧対応可能な機器・メディア種別の多さが挙げられます。重度障害まで対応できる真の技術力を持ったデータ復旧業者は日本国内に10社もないのではないでしょうか。データ復旧業者によってはMac bookなどのモデルのデータ復旧に対応できない場合もあります。

POINT

技術力の高いデータ復旧業者は診断を無料で提供しています。診断費用が発生するというのはほぼ作業費が発生しているということなので、復旧する見込みが高くないためです。

②官公庁との実績

警察や行政機関などとのデータ復旧の実績があるかどうかは1つの指標です。行政機関や捜査機関ではデータ復旧で失敗することでの被害は計り知れません。そのため、信頼でき、復旧技術が高い業者に依頼することに自然となっています。

③ISMSやPマークの取得

ISO認証
大切な個人情報や法人の機密情報を預ける場合があるので、ISMSやPマークの取得企業であるかどうかもポイントの1つに加えても良いかと考えられます。

【注意】定額・同一料金のデータ復旧業者は危険

定額や同一料金でデータ復旧サービスを提供している場合には作業内容を決めて「形式的い作業している」可能性が高いです。それによって誤った処置を施しMacの状態を悪化させてしまうリスクがあります。Macのストレージは様々あり、非常に複雑です。そのため取り扱い実績の多いデータ復旧業者がおすすめです。

Macの状態悪化は絶対NG

Macにどの程度の損傷が加わっているかは実際に実機を見てみなければわかりません。誤った処置をすることで状態が悪化すればそれだけデータ復旧の難易度が高まります。最悪の場合データがさらに壊れてしまったり、致命傷を負うこともあります。

おすすめできるMacのデータ復旧業者

日本国内にはデータ復旧業者やデータ復旧サービスを含めて100以上存在します。修理サービスとは全く違い、メーカーであってもデータ復旧サービスを自社で提供できないほど専門性が高いため、技術力で評価するのは非常に難しいです。これらの指標をもとにおすすめできるデータ復旧業者をランキング化しわかりやすくまとめました。

DATASMART(データスマート)

データスマート
データスマート公式サイト
DATASMART(データスマート)は元埼玉県警刑事(デジタル捜査班班長)で現在はテレビコメンテーターとして活躍する佐々木成三氏がおすすめするデータ復旧業者です。また、元SONYのエンジニアの乗松伸幸氏もおすすめしています。最後発のデータ復旧サービスなため、サービス開始から2年程度しか経っていませんが警察からの感謝状を受領することからも高い技術力が伺えます。スマートフォンなどの最新デバイスはもちろん監視カメラなど古くからある製品のデータ復旧まで対応しています。世界標準のISMSを取得していることと、指紋認証や顔認証での入室管理を行っているのでセキュリティ面でも安心できます。

また、Mac、iPhoneやiPadなどのすべてのApple製品のデータ復旧に対応しており、特にSSD搭載のモデルであってもデータ復旧することが可能です。

基本情報

所在地 東京 スピード対応 特急作業サービス
復旧実績 官公庁、捜査機関、大手企業、研究機関など 店舗持ち込み 対応
料金体系 成功報酬制 セキュリティ ISO27001(ISMS)
見積もり・診断 無料 対応メディア スマホ/HDD/Macbook,Surface等(SSD搭載ノートパソコン)/NAS/RAID/仮想サーバー/クラウドデータ復旧など

【関連】:【DATASMART(データスマート)のデータ復旧の特長】評判・口コミを徹底調査!

AOSデータ復旧センター

エーオーエスデータ復旧サービスセンター
AOSは元富士通出身者の起業家が立ち上げたデータ復旧サービスです。多くの家電量販店(ヨドバシカメラ)やメーカー、au(KDDI)からのデータ復旧サービスを受託していることからも技術力がありそうです。家電量販店にデータ復旧を導入する際の担当者は最低限の記憶メディア製品の知識があることからもある種の専門家からの評価・推薦を受けてる点もおすすめできるポイントです。一方でGoogle Mapでの口コミ数は多くなく判断が難しいですが、ネガティブなコメントがほとんど見当たらないことからも悪質なデータ復旧サービスを提供していることは考えられません。
【関連】AOSデータ復旧サービスセンターの評判・特徴まとめ

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは日本国内での売上No.1の実質データ復旧業者です。警視庁からの表彰実績があります。そして、データ復旧設備を30台以上保有しています。ただし、Google Mapに寄せられる口コミにはサービス利用を不安にさせてしまう評判が多く見られましたので、強くおすすめできるか判断できかねるので、3位としています。

成功報酬と謳っていても成功報酬ではないケースも

見積書
データ復旧業者によっては作業を依頼してから途中かどこかのタイミングで望んでいたデータが復旧できなくても費用が請求される契約になっている場合があります。そのため十分に注意をする必要があります。上の画像にある見積書は成功報酬費とは別に作業費が発生する旨を記載していますが、成功報酬制を謳っているデータ復旧業者ではあり得ない記載方法です。

参考:Google Mapで見れる見積書

さまざまなMacのトラブル事例

Macの故障になる原因はさまざまです。また、データ復旧業者であればありとあらゆる状態であっても対応することが可能です。ただ、ご自身の初めてのトラブルでこれは本当に何とかしてデータ救出できるの?と疑問に思われる方も多いかと思うので、事例をご紹介いたします。特に、物理的な損傷はデータ復旧業者でしか対処が難しいです。

Macの電源が入らない

Macの電源が入らなくなってしまった、電源がつかないというトラブルは非常に多くあります。ある日突然電源が入らなくなる自然故障・経年劣化などもありますし、何が原因かわからない故障は多いです。このような場合でもAppleでは本体交換の対応となりますので、データは初期化されてしまいます。

Macbookが壊れた!電源が入らない状態からデータ取り出し

Macが充電できない

Macが充電できない場合には、充電ケーブルが純正のケーブルでないことが原因であることも考えられますので、充電ケーブルをAppleの純正ケーブルに代えてみることで改善することがあり得ますので、そういったことをお試しいただいても良いかと思います。
このような場合には物理障害が発生している可能性が高いです。HDDモデルのMacでのトラブルの場合にはクリーンルームを保有したデータ復旧業者に相談なさることをおすすめします。

Macbookへの浸水・水濡れ

これはコーヒーや水を飲みながら作業をしていて、使用しているMacbookシリーズのラップトップモデルの製品にかけてしまうことがあります。最初は動いたけれども、時間が経つと浸水をして電気系統に異常を来たし、障害を抱えて動作不良となる事例もあります。水濡れ程度でも大きな障害がMac本体内部で起きていることもあります。電源を入れることでさらなる状態悪化が見込まれますので、電源ボタンは押さないことで通電させず、データの損傷を防ぎます。
Macbookの多くはSSDを搭載していることがほとんどです。この場合はクリーンルームは必ずしも必要ではありませんが、技術力の高い最新機器までに対応しているデータ復旧業者に依頼なさることをおすすめします。

データ復旧可能なMacシリーズ一覧

ほぼすべてのMacのデータ復旧に業者は対応しています。一般的なMacパソコンのタイプと特徴を示していますが、詳細なスペックやオプションは製品ごとに異なる場合があります。最新の情報はAppleの公式ウェブサイトや販売代理店でご確認ください。

Macのモデル別ストレージとデータ復旧

Macのモデルや販売時期によってはデータを保存するストレージはHDDやSSDを採用しています。

iMacの内蔵ストレージはHDD・SSD

iMacの電源が入らなくなったり、フォルダやファイルを認識しなくなった場合にはHDDからデータ復旧をする必要があります。SSDにストレージを換装していなければほとんどすべての場合にはHDDのデータ復旧技術を持つデータ復旧業者に相談されることをおすすめします。

iMac2020以降のモデルはSSDが標準ストレージ

iMac2020以降のモデルではSSDを搭載しているかHDDではなくSSDを選択することができるようになっています。そのためご自身のモデルが何年製のものかご確認いただいた方が良いかと思います。

Macbook Airの内蔵ストレージはSSD

Macbook Airはその薄さや軽さを実現するためにHDDではなく、SSDを搭載しています。SSDのデータ復旧技術や最先端の技術を持ち合わせたデータ復旧業者に相談されることをおすすめします。MacbookAirはSSDが損傷している場合にはかなり重度の障害を抱えていることになりますが、どのような状態にあるかどうかは実機を診断しなければわかりません。

Macbook Pro

MacbookProは発売当初はHDDを搭載していましたが、2012年6月以降に販売されたモデルはHDDを排除し、SSDをストレージとして採用しています。Mac book Pro(Mid 2012)まではHDDですが、それ以降はSSDです。HDDのモデルで損傷個所がHDDであった場合には、HDDを交換する、またはSSDに換装することで再使用が可能な場合があります。

バックアップの確認

ご自身でできるのはお使いのMac製品のバックアップの確認です。壊れたと言ってもさまざまです。電源が入らなくなったり、ブルースクリーンになったり、データを消してしまったり、間違って削除してしまったというあらゆる場合においてバックアップツールであるTime Machineを確認することがご自身でできるデータ復元作業の1つです。下記の方法をご覧ください。

Time Machineを確認

まずはMacの標準バックアップツールであるTime Machineでデータが自動バックアップされているかをご確認ください。Macに保存しているデータが消えてしまった、見ることが出来なくなっている認識しない障害が発生している場合には第一にご確認ください。

誤削除データはTimeMachineにある可能性も

一度は削除したが、データとして必要となった場合にもTimeMachineに保存されていることがあります。逆に言えば、Time Machineの設定がされていなくて、データのバックアップがない場合にはストレージがHDDかSSDかにもよるのですが、削除したデータは消失している可能性が高いです。

システム・プログラムの不具合の場合

フォルダやファイルがいつもある場所になかったり、クリックしても開くことができない場合にはシステムやプログラムに不具合があり、障害が発生している可能性が高いです。この場合にもご自身で何もなさらないことをおすすめします。また、データ復旧サービスの利用が必要な状態に陥っている可能性が高いです。

Time Machineは事前設定が必要

ただし、Time Machineは事前に設定されている必要があります。Time Machineではファイルが時系列で並べることができますので、削除してしまったデータの確認は比較的容易です。また、削除した場合にはデータ復元ソフトの利用を検討するのも悪くはない選択肢だと思います。

データ復元ソフトの使用について

データ復元ソフトは有料のもの、無料のものがあります。また、Macに用いることができる専用ソフトもありますが、ここまでお伝えしてきている通り、データ復元ソフトは削除データ専用のツールですので、削除してしまったデータ、フォルダ、ファイルに対しては使用をするというのも1つの選択肢として有効です。

まとめ

Macは高性能なパソコンであり、専門的な高度な知識を求められるため、データ復旧は専門業者に依頼をし、削除をしてしまったデータなどの復元を試みるなどの限定的な場合にのみご自身で何か試されるのを推奨します。個人で行うという判断をするにしても、まずはデータ復旧業者による正しい診断を受けることをおすすめします。Macが壊れてしまった場合にはデータ復旧業者がおすすめです。どのデータ復旧業者に依頼することでできるだけ多くのデータを復旧できるかを判別するのは難しいです。Repairs編集部ではMacのデータ復旧を安心して預けることができる業者をご紹介いたします。

DATASMART

データスマート
DATASMARTは元刑事(デジタル捜査班班長)で現在はテレビコメンテーターとして活躍する佐々木成三氏がおすすめするデータ復旧サービスです。また、元SONYのエンジニアの乗松伸幸氏もおすすめしています。サービス開始から2年程度しか経っていませんが警察からの感謝状を受領することからも高い技術力が伺えます。スマートフォンなどの最新デバイスはHDDやMacなどのストレージ製品のデータ復旧まで対応しています。Macのデータ復旧の詳細ページはこちらからご確認ください。

Apple関連情報

ここまでMacのデータ復旧について解説させていただきましたが、Repairs編集部ではiPhoneのデータ復旧業者についてもおすすめできる業者をご紹介しています。Macをお使いの方のほとんどがiPhoneを利用されているのではないでしょうか。Macのトラブルのみならず、iPhoneでも同様にデータトラブルに陥ってしまった際にはRepairsをご覧ください。

【関連】iPhoneデータ復旧業者・データ復元のおすすめガイド