読み込み中...

【Mac データ復旧】業者・復元ソフトのおすすめ選定方法

【Mac データ復旧】業者・復元ソフトのおすすめ選定方法

お使いのMacが壊れてしまって、内蔵ストレージに保存されているデータをどうしても救出してほしい。とお考えの方にMacのデータ復旧業者を含めておすすめの選定方法をご紹介いたします。Macはラップトップ、デスクトップなどの違いやHDDやSSDなどストレージの違いがありますので、解説させていただきます。

【結論】データを重視するならデータ復旧業者へ

Macに保存されているデータが重要なのか、再び壊れたMacを使用できるようにしたいのかによって問い合わせ先は異なります。データのバックアップがある場合、重要なデータが保存されていなかった場合にはAppleへの相談を推奨いたします。重要なデータが保存されている場合にはデータ復旧業者への相談がおすすめです。

Appleではデータ復旧サービスを提供していません

MacのメーカーであるAppleではデータ復旧サービスを提供していません。一方でデータ復旧サービスの利用に対して寛容です。

ご自身でできるのはTime Machineの確認

お使いのMac製品が壊れたと言ってもデータを消してしまった、間違って削除してしまったという場合にはTime Machineを確認することがご自身でできるデータ復元作業の1つです。逆に言うと電源が入らない、MacOSが起動しない、フォルダやファイルを認識しない場合にはご自身では何もせずにデータ復旧業者に相談しましょう。

Time Machineを確認

まずはMacの標準バックアップツールであるTime Machineでデータが自動バックアップされているかをご確認ください。Macに保存しているデータが消えてしまった、見ることが出来なくなっている認識しない障害が発生している場合には第一にご確認ください。

誤削除データはTimeMachineに?

一度は削除したが、データとして必要となった場合にもTimeMachineに保存されていることがあります。逆に言えば、Time Machineの設定がされていなくて、データのバックアップがない場合にはストレージがHDDかSSDかにもよるのですが、削除したデータは消失している可能性が高いです。

システム・プログラムの不具合の場合

フォルダやファイルがいつもある場所になかったり、クリックしても開くことができない場合にはシステムやプログラムに不具合があり、障害が発生している可能性が高いです。子の場合にもご自身で何もなさらないことをおすすめします。

Time Machineは事前設定が必要

ただし、Time Machineは事前に設定されている必要があります。Time Machineではファイルが時系列で並べることができますので、削除してしまったデータの確認は比較的容易です。また、削除した場合にはデータ復元ソフトの利用を検討するのも悪くはない選択肢だと思います。

データ復旧とは

データ復旧は壊れてしまった製品の中に保存されているデータを再び観れるようにしたり、使えるようにしたりするサービスです。Macの中で写真や動画を管理する方もいれば、録音した音源、デザインや建築データ、仕事で使うドキュメント(Word、Excel、PDF)やメールなどありとあらゆるデータを救出します。

同じように見えるMacでも中身は異なる

データ復旧サービスは依頼主の必要としているデータに対して、壊れたMacの中からデータを復旧します。Macの表面的な部分は同じように見えても、中で使用されているHDDやSSDのメーカーが異なったり、それぞれの部品はメーカーの品質基準をクリアしているものの、異なるためデータ復旧作業は煩雑になります。

あらゆるメディアに対応するデータ復旧業者がおすすめ

Macに対応しているデータ復旧業者は多くありません。また、HDDやSSDなど内蔵ストレージが異なれば、場合によっては対応できない業者もいます。iMac、MacbookProやSSD、HDDといったストレージの形式もさまざまです。ストレージ製品を問わずデータ復旧に対応しているデータ復旧業者を選ばれることを推奨します。おすすめできるHDDのデータ復旧業者は別のページでもご紹介しています。
【関連】HDDデータ復旧業者のおすすめ選定基準

定額・同一料金のデータ復旧業者は危険

定額や同一料金でデータ復旧サービスを提供している場合には作業内容を決めて「形式的い作業している」可能性が高いです。それによって誤った処置を施しMacの状態を悪化させてしまうリスクがあります。先述の通り、Macのストレージは様々あり、非常に複雑です。

Macの状態悪化は絶対回避

Macにどの程度の損傷が加わっているかは実際に実機を見て見なければわかりません。誤った処置をすることで状態が悪化すればそれだけデータ復旧の難易度が高まります。基本的にはデータ復旧は難易度が上がることで結果的に復旧料金も高くなってしまいます。

iMacの内蔵ストレージはHDD・SSD

iMacの電源が入らなくなったり、フォルダやファイルを認識しなくなった場合にはHDDからデータ復旧をする必要があります。SSDにストレージを換装していなければほとんどすべての場合にはHDDのデータ復旧技術を持つデータ復旧業者に相談されることをおすすめします。

iMac2020以降のモデルはSSDが標準ストレージ

iMac2020以降のモデルではSSDを搭載しているかHDDではなくSSDを選択することができるようになっています。そのためご自身のモデルが何年製のものかご確認いただいた方が良いかと思います。

Macbook Airの内蔵ストレージはSSD

Macbook Airはその薄さや軽さを実現するためにHDDではなく、SSDを搭載しています。SSDのデータ復旧技術や最先端の技術を持ち合わせたデータ復旧業者に相談されることをおすすめします。

Macbook Pro

MacbookProは発売当初はHDDを搭載していましたが、2012年6月以降に販売されたモデルはHDDを排除し、SSDをストレージとして採用しています。Mac book Pro(Mid 2012)まではHDDですが、それ以降はSSDです。

さまざまなMacのトラブル事例

Macの故障になる原因はさまざまです。また、データ復旧業者であればありとあらゆる状態であっても対応することが可能です。ただ、ご自身の初めてのトラブルでこれは本当に何とかしてデータ救出できるの?と疑問に思われる方も多いかと思うので、事例をご紹介いたします。特に、物理的な損傷はデータ復旧業者でしか対処が難しいです。

Macの電源が入らない

Macの電源が入らなくなってしまった、電源がつかないというトラブルは非常に多くあります。ある日突然電源が入らなくなる自然故障・経年劣化などもありますし、何が原因かわからない故障は多いです。このような場合でもAppleでは本体交換の対応となりますので、データは初期化されてしまいます。

Macbookが壊れた!電源が入らない状態からデータ取り出し

Macが充電できない

Macが充電できない場合には、充電ケーブルが純正のケーブルでないことが原因であることも考えられますので、充電ケーブルをAppleの純正ケーブルに代えてみることで改善することがあり得ますので、そういったことをお試しいただいても良いかと思います。

Macbookを水没

これはコーヒーや水を飲みながら作業をしていて、使用しているMacbookにかけてしまって、最初は動いたけれども、時間が経つと浸水をして電気系統に異常を来たし、障害を抱えて動作不良となる事例もあります。水濡れ程度でも大きな障害がMac本体内部で起きていることもあります。電源を入れることでさらなる状態悪化が見込まれますので、電源ボタンは押さないようにしましょう。

データ復元ソフトの使用について

データ復元ソフトは有料のもの、無料のものがあります。また、Macに用いることができる専用ソフトもありますが、ここまでお伝えしてきている通り、データ復元ソフトの使用は基本的にはおすすめすることができません。限定的ではありますが、ご自身の判断で削除してしまったデータ、フォルダ、ファイルに対しては使用をするというのも1つの選択肢です。

まとめ

Macは高性能なパソコンであり、専門的な高度な知識を求められるため、データ復旧は専門業者に依頼をし、削除をしてしまったデータなどの復元を試みるなどの限定的な場合にのみご自身で何か試されるのを推奨します。個人で行うという判断をするにしても、まずはデータ復旧業者による正しい診断を受けることをおすすめします。

0 9