読み込み中...

【iPad データ復旧 業者】本当におすすめできる厳選3社

【iPad データ復旧 業者】本当におすすめできる厳選3社

壊れてしまったiPadの中に保存されたデータを再び使えるようにしたい方のためにデータ復旧の専門家が解説致します。突然電源が入らなくなってしまったり、物理的に破損してしまったり、アップデート失敗によるデータ消失等のどのようなトラブルであってもデータ復旧の可能性はあります。

iPadのデータ復旧とは

壊れてしまったiPadの中にしか保存されていないデータを再び使用可能にすることがデータ復旧です。データ復旧は業者に依頼することをおすすめします。ただし、データ復旧業者に依頼をしたとしても完全にデータが使えるようにならない場合もあるので、そういった注意点も含めてご紹介いたします。

復旧データは壊れていたり、一部のみの場合も

復旧できるデータが一部であったり、壊れてしまっている可能性もあります。これはデータ復旧サービスを利用する際のデメリットであったり、リスクのように感じられるかと思うのですが、専門業者が最善の処置を施したとしても完全に復旧しない可能性は利用前にご理解いただいた方が良いかと思います。

あらゆるデータが復旧対象

写真や動画をたくさん撮り貯めている方もいれば、多数のSNSやアプリを使用しているなど異なります。どのようなデータが復旧できるかというと、写真、動画、連絡先やLINEやゲームアプリのデータ、SNSアカウントのログイン情報などクラウドに保存されていないあらゆるデータが対象になります。

よくあるトラブルとデータ復旧の可否

よくあるトラブルは下記のようなものが挙げられます。基本的にはどのようなトラブルがあったとしてもAppleやカメラのキタムラなど公式修理への相談を推奨しています。ただし、下記のトラブルにおいては原則としてiPadの本体交換になり、データは消失してしまいます。

  • 電源が入らない・再起動できない
  • 起動しない・立ち上がらない
  • 充電できない・反応しない
  • アップルマークが表示する・再起動し続ける
  • 動作が重い・フリーズする

iPadの電源が入らない・再起動できない

iPadの電源を投入しようとしても電源が入らない場合や再起動できない場合、アップルストアやカメラのキタムラなどの公式サービスでは本体交換となり、データは消去されてしまいます。データ復旧できる可能性があるのであれば依頼したい、という方はデータ復旧業者に相談されることをおすすめします。また、電源が入らないとデータ復元ソフトで認識することはできません。
【参考】【iPad データ復旧】壊れた/電源が入らないiPadからデータ取り出し

起動しない・立ち上がらない

iOSやiPadOSが起動しない、アップルのロゴマークが表示されたまま先に進むことができない、立ち上がらない状態もアップルストア、カメラのキタムラなど公式修理サービスでは本体交換となります。データ復旧の難易度は電源が入らない状態よりも高い場合もありますが、実際にどのような障害が発生しているか特定しない限りにはデータ復旧可否はわかりません。

充電できない・反応しない

充電ケーブルを挿し込んでも充電できない場合には、純正のケーブルやアダプターを使用していないことが原因の場合もあります。appleの純正ケーブルを利用されてない場合には購入し、試してみても良いかもしれません。このような場合でもデータ復旧は可能です。

アップルマークが表示する・再起動し続ける

何かしらの障害がソフトウェア上に発生したことによってiPadが正常に動作しなくなってしまっています。この状態になっている場合にはストレージ容量が足りなくなってしまったことが原因となることがあります。

無料診断で復旧データを確認

データ復旧業者の提供する無料診断を利用することでどのデータが復旧できそうか、また復旧にかかる期間がわかります。また、実際に作業をしてみなければデータ復旧の可否が判定できない場合もあります。ただし、診断をしないとデータ復旧の可否はわかりません

無料診断で必要期間がわかる

必要な期間は診断をしてみなければわかりません。通常のデータ復旧であれば目安としては2週間前後~1か月です。あくまでも目安ですし、特急作業での発注の場合には最短で作業が完了します。そのため、データが必要な時期が決まっている方などの緊急性の高い場合には特急作業での依頼を推奨します。

おすすめできるiPadデータ復旧業者

iPadのデータ復旧業者はiPhoneやMacのデータ復旧にも対応しています。Repairs編集部がおすすめするのは東京のDATASMART(データスマート)です。警察への捜査協力をおこなっていることや元捜査1課の佐々木成三さんが推薦しているデータ復旧業者です。

【関連】iPhoneデータ復旧業者・データ復元のおすすめガイド

トラブル状況が類似してもiPadの損傷は異なる

あらゆるデータが復旧可能である一方で、iPadがどの程度壊れているかは実機を見ない限り正確にはわかりません。落下させてしまったり、水没させてしまったり、似たような状況でのトラブルであったとしても、これまでのiPadの使用方法は持ち主によって異なります。

データ復旧成功事例は参考程度

ご自身の壊れ方でこれまでの実績があるかどうかは裏を返せばデータ復旧業者としてはこれまでの成功事例があっても相談主のiPadの損傷具合が同じではないので、明確な回答を出すのは難しいのが実状です。損傷状態と復旧したいデータをデータ復旧業者に相談することで復旧確度を教えてもらうことは可能です。

データ復旧率は100%ではない

たとえデータ復旧業者に依頼したとしても復旧率は100%にはなりません。似たような壊れ方でもデータ復旧率が100%にならないのは、損傷個所やOS(ソフトウェア)などの原因が異なるためです。また、致命的な損傷を受ける場合があるので、その場合にはどうすることもできませんが、実際に壊れたiPadを見る以外に方法はありません。

故障原因は複雑性が高い

なぜ復旧率が100%にならないかと言うと、損傷原因が複雑だからです。損傷個所が異なるかといえば、電子機器であるiPadは無数の部品で構成されています。そのため、データ復旧の作業をしたとしても、何が原因だったかは類推はできたとしても明確な原因が判明することはありません。

データ復旧作業後にiPadの状態悪化

たとえば、iPadのデータ復旧作業中に損傷個所Aを修復し、データ復旧に成功したが、再びデータ抽出することができなくなることがあります。その場合には損傷個所Aは修復できても、データ復旧作業で他の箇所に負荷がかかり壊れてしまったり、OSが正常に動作しなくなってしまったりすることがあります。

データ復旧後のiPadはいつ壊れてもおかしくない

データ復旧作業は壊れたiPadにかなりの負荷をかけてしまいます。そのためデータ復旧後のiPadなどあらゆる製品の継続的な使用を推奨していません。データ復旧の作業が極めてうまく行くかデータ復旧作業において本体を起動させる必要があれば、その結果としてiPadが使用できるようになることがあります。

iPadのモデルはデータ復旧に影響しません

iPadにはiPad Air、iPad Pro、iPad miniなどさまざまなモデルがありますが、モデルによってデータ復旧の可否を含めて影響することはありません。初期搭載のOSやアップデートしているOSのバージョンによって復旧可能なデータに差異がある場合もありますが、大きな問題にはなりませんのでご安心ください。
iPadについて

気付いたらiPad内のデータが消えていた

iPadからの消去データの復元

iPadを初期化してしまった、写真を削除してしまったが、必要になってしまった等で困ることもあるかと思います。ただ、故意にデータを消去した場合にはほとんどデータ復元できないとお考えいただいた方が良いかもしれません。

削除・初期化した場合にはデータ復元ソフトが有効

削除・初期化した場合にはデータ復元ソフトが有効になることがあります。一方でご自身で削除をされたのではなく、iPadからデータが消えてしまった、よくわからないという場合には複雑なトラブルである可能性があるのでデータ復旧業者に相談されることをお薦めします。

まとめ

壊れたiPadから復旧したいデータがある場合にはデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。また、初期診断は無料で提供されていますので、ご予算と復旧可能データを照らし合わせて発注の検討をなさることを推奨します。