読み込み中...

Macについて|データ復旧

AppleのMacシリーズの型番情報を以下にまとめます。Macシリーズには、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、Mac mini、Mac Proなどが含まれます。

最新モデル (2023-2024)

  • MacBook Pro
    • MacBook Pro 14-inch (2023, M2 Pro/Max)
    • MacBook Pro 16-inch (2023, M2 Pro/Max)
    • MacBook Pro 13-inch (2022, M2)
  • MacBook Air
    • MacBook Air 13-inch (2022, M2)
    • MacBook Air 15-inch (2023, M2)
  • iMac
    • iMac 24-inch (2021, M1)
  • Mac mini
    • Mac mini (2023, M2/M2 Pro)
  • Mac Studio
    • Mac Studio (2023, M2 Max/Ultra)
  • Mac Pro
    • Mac Pro (2023, M2 Ultra)

過去のモデル (2019-2022)

  • MacBook Pro
    • MacBook Pro 14-inch (2021, M1 Pro/Max)
    • MacBook Pro 16-inch (2021, M1 Pro/Max)
    • MacBook Pro 13-inch (2020, M1)
  • MacBook Air
    • MacBook Air 13-inch (2020, M1)
  • iMac
    • iMac 27-inch (2020, Intel)
    • iMac 21.5-inch (2019, Intel)
  • Mac mini
    • Mac mini (2020, M1)
  • Mac Pro
    • Mac Pro (2019, Intel)

主な型番例

  • MacBook Pro
    • 14-inch (2023): A2779
    • 16-inch (2023): A2780
    • 13-inch (2022): A2338
  • MacBook Air
    • 13-inch (2022): A2681
    • 15-inch (2023): A2941
  • iMac
    • 24-inch (2021): A2438
  • Mac mini
    • (2023, M2/M2 Pro): A2686
  • Mac Studio
    • (2023, M2 Max/Ultra): A2615
  • Mac Pro
    • (2023, M2 Ultra): A2835

Appleは過去にMacサーバーを提供していましたが、現在は専用のサーバーハードウェアを提供していません。しかし、Mac miniやMac Proなどの一般的なMacをサーバーとして利用することができます。

過去のMacサーバーモデル

  • Xserve (廃止)
    • Xserve (Early 2009)
    • Xserve (Early 2008)
    • Xserve (Late 2006)

現在サーバーとして利用できるMac

  • Mac mini
    • Mac mini (2023, M2/M2 Pro)
    • Mac mini (2020, M1)
    • Mac mini (2018, Intel)
  • Mac Pro
    • Mac Pro (2023, M2 Ultra)
    • Mac Pro (2019, Intel)
    • Mac Pro (Late 2013)

Mac miniの型番

  • Mac mini (2023, M2/M2 Pro): A2686
  • Mac mini (2020, M1): A2348
  • Mac mini (2018, Intel): A1993

Mac Proの型番

  • Mac Pro (2023, M2 Ultra): A2835
  • Mac Pro (2019, Intel): A1991
  • Mac Pro (Late 2013): A1481

Mac miniやMac Proをサーバーとして利用する場合は、macOS Serverアプリケーションを使用することが一般的です。macOS Serverは、ファイル共有、メール、カレンダー、連絡先、VPN、Webホスティングなどのサーバー機能を提供します。

AppleのMacコンピュータで使用されるファイルシステムについて説明します。Macでは主に2つのファイルシステムが使用されています。

1. Apple File System (APFS)

APFSは、AppleがmacOS High Sierra(2017年)以降で導入した最新のファイルシステムです。APFSはSSDやその他のフラッシュストレージのパフォーマンスと信頼性を向上させるために設計されています。以下にその主な特徴を示します。

特徴

  • 高速性: SSDに最適化されており、高速なファイルアクセスが可能。
  • スナップショット: システムの状態を特定の時点でキャプチャし、簡単に戻せる。
  • スペース共有: 複数のボリュームがストレージスペースを共有し、柔軟な容量管理が可能。
  • 暗号化: 高度な暗号化機能を持ち、データの安全性を確保。
  • クラッシュ保護: メタデータのクラッシュ保護機能により、データの整合性を維持。

2. Hierarchical File System Plus (HFS+)

HFS+は、APFSが導入される前の標準的なファイルシステムで、macOS 8.1(1998年)からmacOS Sierra(2016年)まで使用されていました。現在も一部の古いシステムや外部ドライブで使用されています。

特徴

  • ジャーナリング: ジャーナリング機能により、データの整合性を維持。
  • 大容量サポート: 大容量ドライブと大きなファイルをサポート。
  • 互換性: 古いバージョンのmacOSとの互換性が高い。

その他のファイルシステム

  • exFAT: MacとWindows間での互換性を保つためによく使われるファイルシステム。
  • NTFS: 主にWindowsで使用されるファイルシステムだが、Macでも読み取りは可能。ただし、書き込みにはサードパーティのソフトウェアが必要。
  • FAT32: 古いファイルシステムであり、MacとWindowsの両方で広くサポートされているが、4GB以上のファイルを扱えない。

使用例

  • APFS: macOSの内部ストレージ、特にSSD。
  • HFS+: 古いmacOSシステムや一部の外部ドライブ。
  • exFAT: MacとWindowsの間で共有する外部ドライブやUSBメモリ。
  • NTFS: 主にWindowsでフォーマットされたドライブ。

APFSは、最新のMacシステムで推奨されるファイルシステムであり、パフォーマンスとセキュリティの両方に優れています。外部デバイスや特定の用途に応じて、他のファイルシステムを選択することもあります。

関連情報

【Mac データ復旧 業者】本当におすすめできる厳選3社