読み込み中...

【純正/再生/コピー品】iPhone修理が安い理由は?交換ディスプレイの品質差異

この記事をご覧になっている方は今現在iPhone修理を検討している方だと思います。アクシデントで画面割れしてしまって急な出費は痛いですよね。iPhone修理店ってどこも同じじゃないの?って思ってませんか。




iPhone修理は安さで選ぶ?

もちろん、修理費用が安いところが良いですよね。でも、修理料金が安いのには理由があります。まず、iPhoneの画面割れや何かしらのトラブルを抱えた時に修理方法として依頼先の選択肢を整理すると、3つあります。

iPhone修理サービス提供店舗と方法

①Appleに行く(Apple Careに入っている)

これは誰でもわかる方法ですね。Apple storeに行けば修理に出すことができます。iPhoneを作っているのはAppleなので。しかし、全国に店舗があるわけでないので不便ですよね。正直困ります。でも、そんな方はiPhoneの契約先ショップに持ち込めば良いわけです。

Apple care+に入ってないと修理料金が高い

Apple Care+に入ってない場合修理料金が高くはなりますが、メーカー製のパーツなので、間違いない品質です。なんとなくですが、日本人は品質にこだわる人が多いので、メーカー修理がもっとも良いと思います。

データが消えてしまう

修理依頼をすると初期化してからの作業になります。そのため、iPhoneのバックアップがないとデータが吹き飛びます・・・。おそろしいですね。友達と撮った写真も、連絡先も、すべてがなくなります。

②携帯ショップに行く(docomo、au、softbankのどこか自分自身が契約しているキャリア)

③非正規の街中iPhone修理店に持って行く

今回の記事では主に「③非正規の街中iPhone修理店に持って行く」場合について説明させていただきます。安くて、速くて、データがそのまま、非正規iPhone修理サービスはお財布に優しいサービスですよね。

ただ、安いのには理由があります。それは、修理時に交換するパーツの値段に依存してきます。


仮の話になりますが、iPhoneを落下させてしまい画面が割れてしまった場合、その状態を復旧させる修理内容はフロントディスプレイ交換になります。また、お客様はApple正規修理店、もしくはiPhone修理が可能な非正規修理店に修理依頼をする事になります。

まず、正規店の対応としては壊れたフロントディスプレイを新品に交換するのではなく、基本的に新品の同色同機種に本体交換が行われます。

正規店に修理依頼するメリット・デメリットは多々ありますが、主にメリットとしては、新品が手に入る為、使用して付いたボディの傷等も無くなり、長く使う事ができます。デメリットは、本体交換なので費用が高く、バックアップされていないデータは初期化され消去されてしまいます。

また、在庫がない場合は交換にも数週間かかる場合もあります。

参考記事:【必見】iPhoneの正規修理依頼方法まとめ!画面割れ、故障トラブル対策


一方、非正規修理店では、壊れたフロントディスプレイのみを交換する為、メーカーやキャリアに比べ修理費用が安くなり、修理も長くても数時間で終わります。また、最大のメリットは、パーツ交換のみですので、データがそのままと言う点です。

簡単ですが以上のような、魅力が非正規修理店にはございます。しかしながら、当然デメリットも存在します。修理の技術の差は当然なのですが、一番注意するべき点は各修理業者によってフロントディスプレイのパーツ品質に差があると言う点です。

非正規のiPhone修理店でフロントディスプレイ交換を行う場合、使用するフロントディスプレイは純正品ではありません。と言うのも、純正品の入手は正規店もしくは認定店舗以外、ほとんど不可能なのです。

仮に、非修理店舗が「純正パーツを使用しています!」と語っていたら、それはApple社から訴訟されかねない行為なので、信用してはいけません。


非正規店がiPhone修理で使うパーツの違いって?

では、「純正品じゃなくて大丈夫なのか?」と心配の声が予想されますが、品質の高いフロントディスプレイは純正品と遜色がないほど、しっかり作られています。では、質の高いフロントディスプレイとは一体どの様なフロントディスプレイなのでしょうか?

ここからは、フロントディスプレイの種類について解説致します。iPhoneのフロントディスプレイの種類は大きく分けて4種類あります。

1、新品(純正パネル)

iPhoneの正規工場で生産され、初期段階から装着されているフロントディスプレイです。iPhoneとの相性が抜群で、パーツ由来の不具合が起こりません。純正品の定義は、Appleが正規ルートで発注、製造を行い、Appleが正規品と認めているパーツのみです!

例えばですが、Appleの製造工場と全く同じ場所、同じパーツ、同じ工程で作っていても、完成したパーツをAppleが認めていないのなら、それは純正品ではありません。正しくは純正と同等品ですが、純正品というのはメーカーが認めているサービスでしか提供できません。

2、再生品(再生パネル)

純正パーツには劣りますが、非常に品質のいいパーツです。液晶パネルの上にガラスが装着されています。フロントディスプレイ交換の中で、ガラスのみが割れてしまっているパーツに関して、その割れたガラスのみを再生工場で取り替えることになります。

そうするとガラス以外は非常に高品質なフロントディスプレイとして中国等にある卸売市場に戻ります。この再生品は、ガラス以外品質が極めて秀逸なので質が高く、純正品と比べても殆ど遜色がないフロントディスプレイです。

日本国内でも再生品を作る事業者がありますが、基本的には国内で集めて中国にて連携して再生作業を行なっています。

3、組立品(ホイヤーパネル)

液晶は再生パネルと同様に非常に高品質な物を使用します。しかし、純正液晶に別の工場や個人事業者がコネクター類を別途取り付ける為、再生パネルより安価ですが、品質が安定しないデメリットがあり、注意が必要なフロントディスプレイとなります。

また、コネクター類が模造品の為、iPhoneとの相性が悪いパーツもあり、パーツ由来の不具合も出やすいく、コネクター類の耐久性も心配なディスプレイです。

4、コピー品(コピーパネル)

多くの場合、中国で独自に生産され、高品質なパーツを使用をせずに作られたディスプレイです。仕入れ価格は極めて安価ですが、品質は粗悪なパーツが多く、使用感や液晶の映り具合など正常な液晶と異なる場合があります。

また、ホイヤーパネルと同様にコネクター周りの耐久レベルに不安があります。ただし、ホイヤーパネルとの決定的な差は液晶パネルの構造にあります。iPhone5以降は、インセル型液晶パネルを採用しております。

インセル型液晶パネルって?

インセル型液晶パネルとは、TFT液晶セルと呼ばれる部分にタッチセンサーを組み込んでいる液晶パネルです。この方式で、作られた液晶パネルは明るく、薄くて軽いのが特徴です。

しかし、この製造方法が可能な製造会社は世界に4社程しかなく、その工場は正規委託パネル製造を中心とした工場なので、市場に液晶パネルを流通させることはありません。一方、コピーパネルはオンセル型液晶パネルを使用しています。

オンセル型液晶パネルって?

オンセル型液晶パネルとは、液晶ディスプレイのガラス基板部分にタッチセンサーを配置しています。インセル型に比べ、若干暗く、やや重く厚みがあります。この作りの違いが、コピーパネル使用の際にタッチ感覚の違和感となります。




まとめ

このように純正フロントディスプレイ以外にも種類がある事がわかっていただけたかと思います。iPhoneのフロントディスプレイ交換の修理費用は、安価で質が低いパーツを使用する事で下げる事が可能です。

もちろん大手のフランチャイズ店舗では大量に発注をかけることでボリュームディスカウントができており、安く品質の良いものを利用している場合があります。

しかし裏には、性能上の問題を犠牲にしている事実があります。修理をしても数週間で壊れてしまったり、性能的な問題を負ってしまったら修理する意味がありません。昨今では、iPhoneの修理業社が激増していまして、料金設定もピンキリです。

その秘密は、パーツの品質による価格が大きく比重を占めています。他社に比べて、明らかに安い料金設定の場合、今回ご紹介したコピー品のフロントディスプレイを提供している可能性が高いです。

場合によっては大量仕入れによって液晶パーツを安価に提供できていることもあるので、心配な型は事前に確認されることをオススメします。修理屋さんもドキッとする質問だと思います。iPhoneの修理依頼を検討している修理業者が、どの様なパーツを使っていて、その品質は安心できるものかどうかの判断材料になれば幸いです。

1 thought on “【純正/再生/コピー品】iPhone修理が安い理由は?交換ディスプレイの品質差異

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です