読み込み中...

【必見】iPhoneの正規修理依頼方法まとめ!画面割れ、故障トラブル対策

iPhoneやiPadなどの画面割れやバッテリー劣化が起こった際に頼りになるのがApple公式修理ですよね。
Apple公式修理であれば、使用するパーツは全て純正で、エンジニアもAppleでトレーニングを受けた専門家です。
しかし、いざ修理に出そうと思った際に、方法が分からないなんてことは良くあります。
今回は、そんな方のために公式修理の出し方をご紹介します。

公式修理に出す前の注意点

・データは必ず初期化されますので、絶対にバックアップを行なって下さい。
・宅配修理方法の場合は、カバーなどのアクセサリー類は外して発送して下さい。
・AppleCareなどの保証に入っているか確認して下さい。
保証内容の確認はこちら
・Apple IDとパスワードを確認する。
Apple IDを忘れと場合の対象方法
パスワードを忘れと場合の対象方法
以上の事前準備と確認を行って下さい。
参考記事:【保存版】iPhoneのデータバックアップと復元方法

Apple公式修理への依頼方法

Apple製品を修理に出す方法は大きく分けて2種類ございます。
【持ち込み修理】、【宅配修理】となります。

持ち込み修理

持ち込み修理とは、Apple公式の修理店舗もしくは公式認定店に直接持って行き、修理を依頼する方法です。
Appleはビックカメラやカメラのキタムラなどの一部店舗にAppleがトレーニングを行い、修理も純正パーツを用いて修理を行って貰える認定店制度を開始しております。
画面割れのみであれば当日修理も可能なので、お手元にiPhoneが無くなってしまう時間が短く済みます。
ただし、修理前に初期化が必ずされますのでバックアップは絶対に行ってから、来店をしましょう。
また、Apple直営の修理ストアGenius Barに修理依頼をされる際は必ず予約を取ることをお勧めします。
混雑時は、予約を行なっても1時間ほど待たされ、修理も長引く可能性がありますので、時間に余裕がある時に依頼する事をお勧め致します。

宅配修理

宅配修理とは、wedまた電話でAppleに宅配修理依頼を行い、宅配便を利用して修理品をApple修理センターに発送する方法です。
Wedまたは電話からAppleに宅配修理依頼を行い、指定された住所に発送します。
初期化等の作業は、お客様自身で行う必要があり、初期化を行わないと修理が出来ません。
修理期間の目安は、およそ5日間とされており、機種の状態や修理内容によっては数週間かかる場合もございます。

持ち込み修理依頼方法

メリット
・ディスプレイ交換やバッテリー交換のみの場合、1時間程度で作業が完了する。
・正規エンジニアが目に見える場所で修理してくれる。
・クレジットカード以外にも現金払いが利用できる。
デメリット
・混雑時の場合、修理予約が取れない。
・データが必ず消される。
・保証に入っていないと修理費用が高額となる場合がある。

Apple公式の修理店舗に直接持って行く方法をご紹介します。

事前準備

1 iPhoneのバックアップを行います。
公式:iPhone/iPadのバックアップ方法
2. Apple IDとパスワードを確認する。
店頭で初期化する際に「iPhoneを探す」をオフにする必要があるので、必ず控えて下さい。
3.本人確認用の書類(運転免許証、パスポートなど)を必ずご持参下さい。

<依頼方法>

4. Appleの修理依頼サイトでディバイスと症状を選択する。( Apple製品の修理を依頼する
5.持ち込み修理を選択する。
6. Apple IDを入力し、最寄りの正規修理店を検索するか、geniusbarに予約を行う。
7.予約日時に修理店舗に来店し、修理品を預ける。
この際に、状態のチェックが行われて、状態によっては即日修理不可能場合もあります。
8.規約にサインし、指定さrた修理完了時間以降に受け取りに行く。
9.週売り品を受け取り、清算する。
清算方法はクレジットカードもしくは現金となります。

持ち込み修理は、当日中に修理が可能です。
しかし、データのバックアップを取らないと、必ずデータを失う事と予約から受付まで混み具合によってはスムーズにいかない場合が多々あります。
genius barでは、そもそも予約が取れない事もあります。
来店手続きもApple IDやパスワードを必要とするなど、修理依頼方法としては少々手続きが多いので、実際に故障する前に一度確認しておく事をお勧め致します。
来店後も予想以上に時間がかかることが多いので、時間に余裕がある日に依頼されるといいでしょう。

宅配修理依頼方法

メリット
・来店せずにご自宅から依頼が出来る。
・梱包資材も事前に伝えれば用意してくれる。
・修理状況はお知らせメールで確認できる。
デメリット
・状態によっては数週間修理にかかる。
・データが必ず消される。
・保証に入っていないと修理費用が高額となる場合がある。

Apple公式の宅配修理依頼を方法をご紹介します。

<事前準備>
1. Apple Watchとのペアリングを解除する(ペアリングの解除方法
2.バックアップを行う(iPhone/iPadのバックアップ方法)
3.[設定]→[メッセージ]→[iMessage]をオフにします。
4.[設定]→[一般]→[リセット]→[全てのコンテンツを消去]を行って、初期化をして下さい。
この時、Apple IDとパスワードが必要となります。
また、電源が入らない等で初期化できな場合は、iCloud.comでの初期化方法の方法より初期化を行って下さい。
5.アクティベーションロックが無効になっているかを確認して下さい。(アクティベーションの解除方法
6.SIMカード、その他修理品以外のアクセサリーを外して下さい。
保護フィルム等も外して下さい。
<修理依頼方法>
7. Appleの修理依頼サイトでデバイスと症状を選択する。( Apple製品の修理を依頼する
8.宅配修理を選択する。
9.Apple IDを入力し、必要事項を選択する。
10.指定のメールアドレスに「修理の申し込み完了のお知らせ」が届くので、そのメールの指示に従い集荷依頼を出す。
11.指定の宅配業者が引き取りに来るので修理品を受け渡す。
※梱包資材も依頼を行えば、持ってきてくれる。
12.リペアセンター到着後に見積もり等の案内が届きます。
そのメールに記載されているURL内で修理状況も確認できます。
13.修理完了後発送メールが来るので確認する。
14.宅配業者が修理完了品を届けて来れますので、受け取って修理完了となります。

宅配依頼の場合、基本的に使用できる支払い方法はカード決算のみとなります。
また、混雑状況や修理内容によっては数週間かかる場合もあります。
どの様な作業になるかは、エンジニアが判断しますので、お見積もりメールはしっかり確認して下さい。

修理料金

実際に修理料金が確定するのは、エンジニアが修理品を確認して見ないと分かりません。
エンジニアの判断で、ディスプレイ交換で依頼しても複数カ所の修理を要する場合もあります。
また、AppleCareに加入しているかでも、料金が異なりますのでご注意ください。
あくまでも目安となりますが、料金おの確認は以下のリンクより、ご確認下さい。
Apple公式 iPhone修理サービスの料金

Repairsでは、修理に関する質問であれば対応致します。
また、お読み頂いてお分かりでしょうが、公式修理依頼は非常に面倒で時間がかかります。
更に、データも消えてしますので、迂闊に修理依頼すると思わぬ惨劇を生んでしまいます。

正規修理店への修理依頼代行も柔軟に対応致します。
バックアップも弊社の方で、お取りし正規店へ修理依頼を致します。
その際に、必ず【Apple ID】と【パスワード】をご用意の上、ご依頼下さい。
代行費用:4,000円(税別)〜(Appleから請求されるiPhone修理費用はお客様負担)
お気軽にお問い合わせ下さい。

1 9