読み込み中...

これで夜景はバッチリ夜景を綺麗に撮るコツとオススメのカメラ!

これで夜景はバッチリ夜景を綺麗に撮るコツとオススメのカメラ!

一年を通してイルミネーションしている場所が増えました。イルミネーションや夜の町も綺麗に撮影したいものですが、夜景の撮影は、難しいものです。撮影して液晶を確認した時には、綺麗に写っていたのに、家のパソコンで確認するとぼやけていたという事も多いはず。しかし、夜景を綺麗に撮るコツをいくつか覚えてしまえば、あなたにも夜景が綺麗に撮影できます。

夜景を撮影する際のポイント

1. 撮影モードをチェック

まず、基本中の基本ですが、各種撮影モードが付いているカメラの場合、撮影モードを確認してください。AUTOモードのままではなく、夜景モードがある場合には、夜景モードを使用しましょう。また、人と撮影するモードがある場合はそのシチュエーションに合わせて、撮影モードを合わせてください。近年のカメラは高性能ですから、モードをシチュエーションに合わせるだけでも、格段にきれいに撮影ができます。

慣れてきたら

上級者は、シャッター速度を調整するようにします。画面が暗い場合はシャッター速度を遅くするようにし、希望の明るさになるようにしましょう。

2. ブレをなくす

夜景撮影で、一番の問題はブレです。夜景では、シャッターの速度が遅くなるため、小さな揺れでもそのまま反映されてしまいます。そのため、必ず三脚を立て撮影することが大切です。三脚が立てられない場所、持っていくことが困難な場合には、カメラを手すりや壁につけて、できるだけ固定するようにしましょう。

リモコンシャッター

また、シャッターを手で押した際の動きでも、手ブレが発生してしまいます。シャッターのリモコンがある場合には、リモコンを使って撮影しましょう。リモコンがない場合には、タイマー機能を使って、撮影するようにします。これで、劇的に夜景が綺麗に写るようになります。

人は動かないようにする

他にも、人を入れて夜景を撮影する場合は、人はできるだけ動かないようにします。フラッシュが光終わったからといって、動いてしまってはダメです。なぜなら、シャッターはまだ開いたままになっており、背景の光を取り込んでいるので、この時点で、動いてしまうと、背景は綺麗に写っているのに、人がブレてしまいます。撮影者は、確実にシャッターが落ちたことを確認し、相手に撮影が終わったことを伝えるようにしましょう。

3. 窓ガラス越しの夜景の撮影

最後に、建物の中からなど、窓ガラス越しに夜景を撮影する場合にもテクニックが必要です。ガラス越しに撮影すると、建物の中の風景や、光が入り込んでしまい、外の風景が綺麗に写りません。専用のレンズカバーがあればいいのですが、なかなかそこまで揃えるのは大変でしょう。

専用レンズカバーがない場合

そんな時はレンズを窓ガラスに密着させて撮影します。角度的に、レンズと窓ガラスの間に隙間ができてしまう場合は、ジャケットなどでレンズの回りを覆い、光が入り込まないようにしてください。上手く撮影するには、別の人に協力してもらうといいでしょう。これは、夜景に限らず、昼間の撮影でも、ガラス越しの撮影に使えるテクニックです。

夜景にオススメのカメラ

最後に夜景を美しく撮影したい人にオススメのカメラをご紹介します。現在カメラの種類は大変豊富で、重さ・機能・性能は様々です。自分に合ったカメラを見つけて、撮影を楽しみましょう。

ニコンデジタルカメラCOOLPIX P610

デジタルカメラです。撮影が難しい月なども撮影できるモードがついています。操作も簡単で、初心者でもすぐに綺麗な夜景が撮影可能です。光学ズームも60倍で、この一台があれば、望遠撮影もできます。価格もお手頃で、コストパフォーマンスが高い点が大きなポイントで、夜景撮影初心者にも、オススメなカメラです。

キャノン PowerShot G1 X MarkIII

コンパクトデジタルカメラです。APS-Cを搭載することで、より高画質、より鮮明な撮影ができるようになりました。そのため、夜景も鮮明に撮影することができます。また、従来商品より軽量化されたのもポイントの一つで、気軽に夜景写真を撮影したい方にオススメです。

オリンパス PEN E-PL8

ミラーレス一眼レフカメラ。デジタルカメラより1ランク上の写真が撮影できます。オリンパスの強みは、発色の良さ。そして、手振れ補正機能も優れていることです。一眼レフより軽いため、気軽に持ち歩け、デジタルカメラより美しく撮影できます。撮影モードも充実しているので、アートな写真も簡単に撮影が可能です。簡易な小さな脚立でも立たせることができる点が、夜景を撮影したいと考えている人には大きなポイント。また、夜景撮影に限らず、自撮する際にも役立ちます。見た目もかわいいので女性や、首からカメラ下げて持ち歩く場合にもオススメです。

キャノン EOS 7D MARK II

EOSシリーズは、プロも使用する信頼の一眼レフです。このカメラの利点は、性能はもちろんのこと、周辺機器が充実していることです。専用のレンズや、フラッシュなども、随時買い揃えれば、幅広いシチュエーションで撮影できます。これからカメラを本格的に趣味にしたいと考えている人、写真をネットなどで販売したい人にオススメです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、夜景を美しく撮影するための方法と、おすすめの機種について紹介してきました。ここに書いたことを実践するだけで、写真は一味も二味も違ってくると思います。
皆さんもぜひ、お手持ちのカメラで素敵な夜景を撮ってみてください。

0 8