読み込み中...

androidスマホ バージョンアップで最新にできない機種

Androidのスマホでバージョンアップはいつでも本当は最新にしておいた方が安心なんです。でも、何で最新のOSにアップデートするといいんでしょうか?イマイチよくわからないけど、人に今更聞けない「androidスマホのOSバージョンアップできない機種」についてまとめて解説いたします。

なぜ最新のAndroidのバージョンを

スマホにとって、アプリは血液のようなものです。アプリがないスマホはガラケーの方がまだ高機能である可能性があります。それだけアプリを利用するということは重要です。しかし、古いアンドロイドのモデルまでしか対応していないスマホに関してはアプリ開発をする人たちもだんだんと保守や対応をしてくれなくなってしまいます。

アプリを作る人たちにとって古いバージョンはお荷物

なぜならば、世の中の多くの人が新しいOSを利用するようになるとそれらの最新のモデルを利用している人たちをサポートする方が優先順位が高いのです。新しい最新のOSでは、古いOSでは対応してなかった動きであったり、ユーザーインターフェースや体験を改善することができるので、ゲームやアプリなどもそうですが、一定のバージョンよりも古いandroidOSを利用しているとサポートしなくなってしまいます。

利用できるアプリが減ってゆく

そのためある一定のバージョンまでしかアプリが対応しなくなることもあり、利用できるアプリが減ってしまいます。そうなるととても不便なので、新しいスマホに変更することが一番無難な選択肢となります。

最新にしないことがセキュリティーリスク

OSによって、開発したウェブサイトなどのアプリの動作環境が異なるのに加えて、androidの場合はSONYであればXperia、SAMSUNGであればGalaxyやSHARPなどそれぞれのメーカーごとに画面の大きさなども異なっているので、動作状況の確認が厄介なんです。

OSというのはどのバージョンでも少なからず脆弱性(抜け道やセキュリティーホール)があるので、最新版にしていないスマホの利用はリスクがあります。

それもあるので、できる限り最新のOSを利用し続けることが安全で、よりリッチなインターネット、デジタル体験をすることができるので、Androidを利用する際には最新のOSにアップデートされることをおすすめします。

メーカーごと・キャリアごとに違うOSバージョン対応

メーカーやdocomo、au、ソフトバンクなどのキャリアによってOSのバージョンの対応は異なります。しかしながら、基本的にはスマホを発売してから2年間は更新してくれます。逆にいえば、2年が経過するとソフトウェア的なサポートからは外れてしまうということになります。心配な人は2年から3年で端末を乗り換えた方が良いでしょう。

スマホの寿命は2、3年

スマホの寿命はバッテリーとOSのアップデート更新の対応によるとも言えます。そのため、バージョンの更新が止まったタイミングで経年劣化によってスマホの寿命を迎えて、バッテリー交換をするのか、買い換えるのかということになります。

まとめ

最新のOSのバージョンにアップデートできない機種は「発売してから2年以上が経過しているスマホ」というように考えて間違いはなさそうです。そのためスマートフォンはどんなに長く使おうとしてもソフトウェア、バッテリー寿命の観点からも長く使い続けることができないのです。

機種名 Android バージョンで検索すればOK

「機種名 Android バージョン」で検索することでご自身が今使っているスマホの対応しているOSのバージョンを把握することが可能です。機種名に関しては各キャリアで購入したものに関してはキャリアごとのモデル名で検索する方が間違いはないかもしれません。