読み込み中...

iPadのバッテリー交換!自分でやる?膨張や劣化・電池持ちが悪い場合の対処

新しくフルスクリーンのiPad Proが発売され、買い替えを検討されている方も多いと思います。ただ、今愛用しているiPadを長く使えるのであれば使いたいという方も多いと思います。

iPadの修理が必要な場合の多くの症状は、バッテリーの交換です。長い期間iPadを使用していると、バッテリーは経年劣化と使用に伴って容量の上限も減っていきます。バッテリーの劣化により交換が必要な場合には、Appleの公式修理か、非正規修理業者での修理、または自分で交換することを検討されると思います。

iPadのバッテリー交換の修理費用、メーカー修理と非正規修理業者の比較のご案内を致します。

iPadのバッテリー劣化の症状

iPadはリチウムイオンバッテリーが搭載されています。Apple公式では、フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持出来るように設計しているとしています。使用状況にもよりますが、毎日充電したとして約3年弱で劣化の症状を感じる事が推測されます。

3年前後使用しても、80%の容量がありますので直ぐに交換が必要となる訳ではありません。

iPadを3年前後使用していれば、新しいiPadも発売されていますので、バッテリーの劣化に併せて新しく買い替えを検討される方も多いと思います。ただ、バッテリーの劣化はバッテリーの交換により改善が可能ですし、修理料金によってはお得となる可能性もあります。

バッテリー劣化症状チェック

・バッテリーの減りが早くなってきた。

・バッテリー残量を刻まずに、急激に減る事がある。

・バッテリーの残量があったのに、電源が落ちた。

・電池の減りが著しく早い

以上のような症状は、バッテリーの劣化が始まっています。ご自身の使用状況により、ストレスなく使える場合には問題ありませんが、バッテリー劣化の症状が進むと、充電が出来ない、起動しないという症状になる可能性もありますので、データのバックアップを取ることと、早めの対処が必要です。

バッテリーの劣化を進める使い方

・充電しながら頻繁的に使う

・常に充電しっぱなし

・正規の充電器以外の使用

・寒すぎる、暑すぎる環境での放置・使用

以上の内容は、バッテリーの状態を悪くする可能性があります。また、バッテリーの劣化を感じている場合には、電池の減りが早い為、充電しながら使用する事が増えると思いますが、劣化を進める可能性があります。また、社外の充電ケーブル、車、モバイルバッテリー、急速充電による充電は、正規の充電ケーブルに比べ、劣化を進める傾向があります。

Apple公式のバッテリー交換

iPadを購入してから1年間のバッテリーの不具合は、製品保証によりバッテリー交換を無料で対応して貰えます。ただ、数日でも保証期間を過ぎると、製品保証対応外となりますので、購入から1年以内にバッテリーの不具合がある場合には、早めの対応が必要です。

Apple Care+に加入している場合には、購入した日から2年間の保証期間となり、iPadのバッテリーの容量が80%以下となっている場合には、無料でバッテリー交換対応をして貰えます。(Apple Care+で保証料を支払っている為)

また、保証に加入していない、保証き期間が切れてしまっている、という状態でバッテリーの交換が必要な場合には、保証対象外の費用で、バッテリー交換に対応して貰えます。

保証対象外のバッテリー交換の修理 全モデル 10,400円(税別)

保証対象外であっても比較的安価な料金で修理対応が可能です。

非正規修理業者のバッテリー交換

iPadのバッテリー交換を対応している非正規修理業者でも修理対応をして貰えます。ただし、高品質で安定したバッテリーの入荷が難しいそうで、iPadのバッテリー交換に対応している非正規修理業者は少ないです。また、iPadは構造上、画面側から分解する必要があり、バッテリー交換の作業工程でディスプレイを破損させてしまう危険性があることも対応店舗が少ない要因である事が考えられます。

費用も10,500円〜20,000円前後と、Apple公式の費用に近い金額から、高額となる場合もあります。

iPadのバッテリー交換はApple公式での修理がオススメ

メーカー修理より安いと言われる非正規修理業者での修理ですが、iPadのバッテリー交換に関しては、そうとも限らないようです。また、バッテリーはiPadを使う上で、重要パーツとなりますので、信頼のあるApple純正のバッテリー交換の出来る、メーカー修理がオススメです。

ただし、少しでも修理日数を減らしたい、データが必要でバックアップが取れる状況ではない、という場合には必ずしもメーカー修理がオススメとは限りません。

自分でiPadの電池交換をするのってどうなの?

自分でiPhoneの電池交換をしたことがある方が中にはいるかもしれませんが、iPadのバッテリー交換の作業は複雑さという意味で次元が異なってきます。これを自分でやろうとする場合にはかなりの丁寧さが求められます。また、iPadのモデルにもよります。リチウム電池の特性上、品質がどんなに高くても充電不良等の問題を引き起こす可能性があります。そのため、電池の交換を自分でやることを考えてる方は、値段の観点で考えているのであれば、非正規修理店をおすすめします。しかしながら、自分でやってみたい!という知的好奇心が高い方はトライしてみても良いのではないでしょうか!(本メディア編集部では修理による故障に関しての責任は一切負いません。)

まとめ

修理に時間がかかる、修理費用が高額となる事があり、使用状況によってはメーカー修理を選べなかった方も多いと思いますが、iPadのバッテリー交換は、費用も抑えられAppleの純正部品との交換となりますので、オススメです。

また、Apple Careに加入している場合には、エクスプレス交換サービスが使えますので、iPadを手放す時間を最小限に抑えてバッテリー交換をすることも可能です。
最後に、自分で交換ですが、修理が難解なiPadの構造とバッテリーの信頼性から、DIYはオススメではありません。

1 thought on “iPadのバッテリー交換!自分でやる?膨張や劣化・電池持ちが悪い場合の対処

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です