読み込み中...

ノートPCのHDD交換と自分でデータ移行をやる場合の注意点

ノートパソコン(ラップトップPC)を使用しているとHDDの交換をしたい、または、友人に勧められた事がある方も多いと思います。そもそも交換するメリットとは、データはどうなる?どこで交換してもらえる?そもそもHDDとは?といった様々な疑問を初心者にもわかりやすくご案内します。




HDD(ハードディスク)とは?

HDDとはパソコンのデータを保存している部分です。基本的にはパソコンに内臓されていますが、データのバックアアップ用や通常使用としても、外付けで使用されている方も多いと思います。

HDDは、高速回転するディスクによりデータの読み書きをしています。HDDは一般的に壊れやすいと言われていますが、そのひとつの理由として、駆動部分がある為、駆動部分の不良・発熱、衝撃などにより損傷、故障に繋がってしまう事が考えられるからです。HDDのモデルやメーカーによって寿命は異なりますし、使用環境、扱い方などにより異なりますが、一般的には3年4年くらいが寿命と言われています。

HDDの不具合で起こる症状

HDDは様々なデータが保管されている部分となりますので、HDDの不具合により様々な症状に繋がります。

起動しない、画面が映らない、動きが重い(フリーズする)、ファイルが開けない、データがないなど、パソコンを日々使用されている方に取っては重要な問題となります。

HDDはいつかは必ず壊れてしまう部分でありますので、長くパソコンを使用するにはHDDの交換は確実に必要となります。

HDDの交換はどこに依頼する?

HDDを自分で交換した事がある方も多いと思います。HDDは物理的に自分でも交換が可能です。ただ、自分で修理は不安、何かあったら怖いという場合には、パソコン修理専門店などで、交換に対応してくれます。

また、HDDは、デスクトップの場合には3.5インチのサイズ、ノートパソコンの場合には2.5インチのサイズとなり基本的には、メーカーやモデルなどにより選べますが、自分で交換する場合には、ノートパソコンの場合にはHDDの高さに違いがありますので、気をつける必要があります。

HDDはいつ頃交換が必要?

日々使用しているパソコンのトラブルは困ってしまうところですが、突然やってくるHDDの故障は、HDD搭載のPCを使用している以上、避けられないものです。早め早めの対処が必要ですが、完全にパソコンが立ち上がらない、起動しないという症状になってしまうと、自分の力ではデータを取り出す事が難しく、修理業者にてデータ復旧を依頼しなくてはなりません。その場合には、データ復旧費用も加算されてしまいますので、日々のメンテナンス、データのバックアップを取っておく必要があります。

容量が足りなくなってきた、経年劣化、汚れ、衝撃など様々な要因がありますが、長くパソコンを利用し、快適に使用するには早め早めの対応が必須です。

データ移行の方法

HDDの交換で気になる点は、データについてだと思います。基本的には、交換する古いHDDにある必要なデータを、新しいHDDにどう移行するかとなります。この際に、不要なデータなどの断捨離も出来ます。

データの移行方法は、データの量にもよりますが、

・光学メディア(DVD、Blu-rayなど)に保存する。
・一時的に外付けHDDやオンラインのデータストレージサービスを利用する。
・古いHDDも一時的に接続する。

といった方法になります。

OSの入っているシステムドライブの交換に比べると、比較的簡単な作業となります。ただし、まだ自分のパソコンのHDDは大丈夫と信じ使い続けていると、HDDの故障となり費用が高額となる可能性もあります。さらには、HDDが完全に破損してしまった場合にはデータを取り出す事が不可能となる場合もありますので、HDDの交換を検討されている方は早めに対応しましょう。

自分でHDDを交換する際の注意点

基本的には交換作業が容易な為、ご自身で交換される事も多々あるHDD交換ですが、いざ、交換しよう!という時には、気をつける点を確認します。自分でやることが最安・格安な方法なので、以下に簡単にまとめているので、ご覧になってください。

交換しようと思うHDDのサイズの確認
(3,5インチ、2,5インチのHDDですが、ノートパソコンの規格によりHDD格納場所の高さによりサイズが異なりますので、要確認)

HDDの接続方法(インターフェイス)の確認
(なんの事?と思われる方もいると思いますが、それぞれに合ったHDDとの接続条件を満たしていないと互換されません。WindowsXP以降のノートパソコンであれば大抵はSATAですが、要確認)

これらの内容は、パソコンのスペックで確認が出来ますので、お使いのパソコンのスペックをインターネットで調べると確認が可能です。




まとめ

今回はHDDの交換とデータについて書きましたが、HDD搭載のパソコンは、いつかは交換しないといけないHDD交換となりますので、参考にして頂ければと思います。ご自身でも交換する事も可能ですが、色々調べるの面倒臭い、何かミスが起きたら嫌だという事もありますので、修理のプロのパソコン修理業者に任せる事もおすすめです。

また、処理速度が高速なSSDへの換装を検討されている方も多いと思います。高額だったSSDですが、比較的購入しやすい料金となってきましたので、SSD換装についても更新します。

HDDからSSDへ換装の記事は近日中に更新予定です。

3 thoughts on “ノートPCのHDD交換と自分でデータ移行をやる場合の注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です