読み込み中...

USBメモリーのデータ復旧方法!おすすめの復元方法

USBメモリーのデータ復旧方法!おすすめの復元方法

USBメモリーはUSBフラッシュメモリ、フラッシュドライブとも言います。パソコンにあるUSB端子に挿し込むことでパソコン内部のデータを一時的に保存することができます。また、USBに書き込み保存されたデータであれば他のパソコンで読み込みや書き込みが可能です。必要なデータの復旧について解説致します。

USBメモリーのデータ復旧

研究発表、会社の資料を一時的に保存していた際中に壊れてしまった場合にはデータの吸い出しが必要になります。壊れているUSBメモリーの場合とデータを削除してしまった場合で異なりますが、USBメモリーの場合データを救出しなければならないときにはデータ復旧業者への相談になることが多いです。専門業者に相談することで無料診断サービスを利用し、見積もりで提示された料金が予算に合うかどうか、必要なデータが復旧できそうかによって最終的に依頼することになります。

重度障害の場合には復旧作業後

重度障害を抱えている場合にはデータ復旧作業を行わなければ、必要としているデータが復元できるかわからないことが多いです。診断後に想定される復旧作業期間などを大幅に超えることもありますので、データがいつまでに必要であるかどうか、データ復旧業者がそれまでに対応することができるのかを確認されることをオススメします。

USBメモリーのデータ復旧が必要になる場合・原因

USBメモリーはパソコンからパソコンにデータを移動するために使用される方が多いことから、USB端子部分の金属部の摩耗による経年劣化、強く挿し込んだりすることによる破折、データが保存されたフラッシュメモリ部分の自然故障などが原因となります。そのため、他のメディアよりも物理的な障害を抱えることが多いです。

USBメモリーが認識されない場合

USBメモリーをパソコンに挿し込んでも「ディスクを挿入してください」と表示される場合があります。また、パソコンがUSBメモリーを認識しないこともあります。この場合には確実にデータ復旧業者に依頼しなければデータ復元することはできません。

データ保存中に抜き出した場合

データをUSBに保存している際中に抜き出してしまった場合には物理的に壊れてしまったかソフトウェア側が壊れてしまったかはわかりません。この場合もデータ復旧業者への相談をおすすめします。データ復元のフリーソフトを使用する場合には物理的に壊れてない場合には完全にデータを消失する可能性があります。

USBメモリー内の削除データの場合

大学などの研究機関でパソコンを使用していて、研究データなどが保存されている場合を除いて、USBメモリーに一時的な保存をしているだけでデータがUSBにしかない場合は多くはないかと思われます。また、データを削除してしまった場合にはほとんどの場合にはデータが壊れてしまっていたり、完全な状態で復元できない可能性が高いです。

データ復元フリーソフトも選択肢の1つ

誤削除してしまって、必要なデータを消してしまった場合にはデータ復旧業者に相談した上でデータ復元ソフトを試されるのも選択肢の1つでしょう。データ復元ソフトはネット上で検索したもので出来るだけ信頼できそうなものから順に試されることをおすすめします。データ復元ソフトによってそこまで大きな差はありません。無料版を試したあとに有料版を購入する必要があることがほとんどです。

まとめ

データが必要となる瞬間はある日突然訪れます。USBメモリーが壊れる場合のほとんどが破折や認識しないなどの物理的な障害です。ご自身で削除した場合を除いて、データ復旧業者に相談されることを最優先にお考えいただくことをおすすめします。また、データが必要となる期日までの対応可否、費用も含めてご相談ください。

【関連】【プロ監修】壊れたUSBメモリのデータ復元業者の選び方まとめ