読み込み中...

※要注意!キャリアの修理と街の修理屋さんの違い

突然ですが、今お使いのスマートフォンが壊れた場合、どうしますか?

お客位様が契約したキャリア(AppleaudocomoSoftBank等)の保証サービスに加入している方は、そのキャリアの修理サービスを検討されると思います。

又は、インターネットなどで検索し、評判の良い街の修理屋さんに修理依頼をされるかと思います。

ところで、キャリアの修理と街の修理屋さんの修理では、どの様な違いがあるか知ってますか?

この違いを知らずに、「キャリアの保証があるから」や「自宅(職場)から近いし、料金も安い」など安易な判断をすると、”思っていたのと違う!?”と言う事態も起こってしまう可能性があります。

そうならない為に、本日はキャリア修理(正規修理店)と街の修理屋さんの修理(非正規修理)の違いをそれぞれ比較しながら解説します。

正規修理店と非正規修理店はどう違うの?

・正規修理店

AppleApple Storeなどに代表される各キャリアのメーカー修理店、又は認証修理店です。

多くは、修理受付窓口に修理機種を預け、各メーカーの工場に送られて修理を行います。

お使いのキャリアのホームページに修理受付窓口や認定店舗は公開されているので、お近くの店舗はホームページより確認できます。

・非正規修理店

キャリアが正式に認可している修理店以外の全ての修理業者です。

駅中やビルの一室、商業施設等に入っていて、インターネット等で検索する事が可能です。

正規修理店に比べ圧倒的に店舗数が多く、自宅や会社の近くで見つける事が容易です。

修理方法は違うの?

・正規修理店

基本的に”本体交換”(同一機種・同一色)となります。

受付窓口で手続きを行い、メーカーの修理工場へ発送されます。

その後、修理機種は初期化が行われ破棄されます。

代わりに、新品の機種と交換され手元に戻ってきます。

ディスプレイ破損やバッテリー劣化などの症状もパーツ交換を行わずに本体交換となる場合が殆どです。

複数の不具合が発生していたり、水没や原因不明のエラーで起動しなくなった機種も必ず正常な状態で戻ってきます。

本体交換の最大の魅力は、如何なる場合も必ず使えるようになり、且つ新品が手に入る事です。

本体交換は正規修理店以外、出来ない修理となります。

また、正規修理店でも本体交換以外の修理を受ける方法があります。

例としては、Appleの修理専門店Genius Barと言う修理センターがあります。

Genius Bar では、全ての症状に対してではないが、Appleの正規スタッフが純正パーツを使用して壊れたパーツのみを交換する”部分修理”を受ける事ができます。

その場合、状態によりますが数時間程度で修理が完了します。

但し、ディスプレイ交換やバッテリー交換でも作業前に初期化が必ず行われてしまいますので、データは消えてしまいます。

正規修理店の”部分修理”であっても、必ずバックアップが必要です。

・非正規修理店

破損しているパーツのみを変える”部分修理”です。

例えば、落としてしまい画面が割れてしまっている場合、割れた画面のみを交換するディスプレイ交換と言う修理になります。

修理はお持ち込みした店舗で行われ、殆どの修理業者は作業する人の姿が見れます。

パーツは、純正品が取り扱えない為、品質は各修理業者でバラツキがありますが、フロントディスプレイの表面ガラスのみ非純正品で、後は全て純正という再生パネルが市場に出ており、そう言った部品を使用している修理業者なら品質面での心配は要りません。

部分修理は、壊れたパーツのみを交換する為、基本的にデータは消えません。

この部分は、非正規修理店を選ぶ上で、非常に大きなメリットです。

だが、部品が壊れるという事は瞬間的に大きな衝撃が加わるという事なので、目に見える範囲以外にも破損が発生している場合もあり、修理成功率は100%ではありません。

本体交換ではないので、故障時の状態によっては治らない、又は悪化する可能性もあります。

修理時間はどのくらい掛かるの?

・正規修理店

基本的に予約制で、各キャリアのホームページより修理受付センターに連絡し、窓口受付予約もしくは修理工場へ発送手続きを行います。

予約なしでも、キャリアの窓口へ直接持って行く事も可能ですが、皆様も経験があるかも知れませんが、整理番号を取ってから自分の番号が呼ばれるまで、非常に長く待たされる事が多いです。

キャリアの窓口には、修理希望の人もいれば、機種変更や各種契約変更など様々な要件の方で常に混んでいます。

予約して行ったとしても、窓口が埋まっていて待たさられる場合が多いです。

予約方法も、基本的にキャリアのホームページより、メールや電話等で行うのですが、この予約窓口へ辿り着くのが意外にも困難で、予約が完了するまで10分以上かかる事も多い。

さらに、修理方法でも書きましたが、基本的に本体交換となる為、店舗に同一機種・同一色の在庫が無い場合、お手元に返ってくるまで約1週間から2週間程度かかります。

但し、その間キャリアから代用機が借りられるので、スマートフォンが無くなる事はありません。

・非正規修理店

一部店舗を除いて予約は不要です。

但し、修理店舗も修理部品の在庫が無限にある訳ではないので、念のため事前に電話を入れておくと良いでしょう。

正規修理店は、店舗数自体が少なく修理が集中しやすいのですが、非正規修理店は、駅や商業施設、ビルの中など様々な場所に店舗があり、店舗数も正規修理店と比べると圧倒的に多いです。

その為、修理受付の為に長時間待たされる事はほぼ無く、修理自体もフロントディスプレイ交換やバッテリー交換などであれば、最短10分程度で完了します。

代用機の貸し出しは行っていない所が多いですが、修理時間が短いので不便に感じる事も少ないです。

ただ、水没復旧等の作業は作業工程が複雑な為、通常より多く時間がかかります。

基板修理まで行う場合、数ヶ月かかる場合もあります。

その様な症状以外でしたら、基本的に即日修理・即日返却が可能となり、正規修理店より圧倒的に早いです。

修理費用はどのくらい?

・正規修理店

正規修理店は契約する際に、キャリアの修理保証に加入する事ができます。

その保証に加入しているかどうか、保証条件によって料金が変わってきます。

また、機種によっても保証内容が異なるので、よくわからないと言う方は一度確認してみる事をお勧め致します。

確認方法は、契約書かキャリアのサポートセンターに問い合わせる事で確認できます。

では、今回は具体的な例としてiPhone6の画面割れ修理で大体いくら掛かるのか見ていきましょう。

iPhoneの場合、購入から30日以内であればAppleCare+for iPhoneと言う保証サービスに加入することが出来ます。

また、各キャリアも修理保証を展開しています。

内容に関しては、各社微妙に異なってはいますが、基本的に歴然とした違いは無いです。

どのキャリアでもいいのですが、今回はauの[「AppleCare+au端末サポート」をピックアップして比較してみましょう。

この保証では、2年間で最大2回まで特別修理価格で修理する事が可能なAppleCare+for iPhoneの保証を、さらに2年間延長してauが同様のサポートを行ってくれる保証です。

但し、端末購入の契約時にしか加入する事はできません。

AppleCarefor iPhoneには無い、紛失や盗難といったトラブルにも4年間で最大2回までサポートしてもらえるサービスも付属されています。

例に出したiPhone6の場合、「AppleCare+au端末サポート」の料金が月額790円(201712月時点)と、なっております。

では早速、フロントディスプレイ交換で保証有と保証無を見比べてみましょう。

AppleCare+au端末サポート加入あり

              3,400円(税別)

AppleCare+au端末サポート加入なし

              14,800円(税別)

となってます。

やはりAppleCare+au端末サポートに加入した方が修理費用は安くなります。

しかし、実際は4年間で総額33,180円の保証料を払う事になるので、そう考えるとフロントディスプレイ交換の為に、この補償を使うのは余りコストパフォーマンスの良さを感じません。

因みにiPhone6の紛失や盗難で本体交換となった場合の料金も見比べてみましょう。

AppleCare+au端末サポート加入あり

                    11,800円(税別)

AppleCare+au端末サポート加入なし

スマートフォン購入から2年以内の場合、新機種購入金額より最大18,000円割引

この場合は、非加入だと非常に大きな出費となります。

保証に加入した場合、新品が1万円前後で手に入るのは魅力だと思います。

紛失や盗難などは、非正規修理店が全く関与出来ない領域なので、そういった場合は、正規修理店で保証ありの場合が優っています。

・非正規修理店

非正規店の修理は、例にあげたAppleCare+au端末サポートの様な保証サービスはありません。

ただ、パーツ品質や技術力に自信がある所は、交換部品に無償修理保証期間を設けている修理業者もあります。

使用するパーツは純正パーツでは無いですが、修理費用を抑える事が可能です。

では、同じ様にiPhone6の画面割れを例に見ていきましょう。

修理内容としては、割れた画面を交換するフロントディスプレイ交換となります。

費用なのですが、非正規店はパーツの品質や立地、店舗の規模などによって料金は様々です。

ただ、基本的にはキャリアの保証対象外修理よりは安い価格設定が多いです。

大体7,000円~12,000円が相場の様です。

最新機種になるにつれ、修理価格も高額になります。

それでもキャリアの保証対象外修理よりも安い傾向にあるので、価格面では非正規店が優っている分野となります。

修理後の保証はどうなるの?

・正規修理店

修理後の保証に関しては、正規修理店で修理した場合、使用しているパーツは全て純正パーツとなり、修理後もキャリアの保証が継続します。

ただし、キャリアの保証サービスは保証年数と回数限度があるので、そこの条件が残っている場合に限ります。

各キャリアの保証内容は以下のホームページより確認して下さい。

・故障紛失サポート(auhttps://goo.gl/jevfqU

・ケータイ補償サービス(docomohttps://goo.gl/tlPa3l

・あんしん保証パックプラス(SoftBankhttps://goo.gl/tDyQUM

AppleCarefor iPhoneApplehttps://goo.gl/VBO1Nm

各キャリアで料金や保証期間が少し異なっていますが、期間内であれば限度回数に達するまで、修理で保証が使えなくなる事はありません。

・非正規修理店

非正規の修理店で修理を行うと、キャリアの保証サービスは使えなくなってしまいます。

理由としては、各キャリアの規定上、改造を禁止しています。

非正規修理店は純正パーツを使用して修理する事が出来ません。

その為、品質上全く遜色ないパーツと交換しても、改造行為に抵触してしまうので、キャリアの保証サービスから除外されてしまいます。

ここのポイントは非正規修理店のデメリットと言えるでしょう。

非正規修理店は市場に出回っているパーツを独自に仕入れて使用しています。

中には、値段は少し高くなりますが純正と遜色ないパーツもあります。

(※パーツの品質については、コチラ(パーツの品質の記事をリンクさせる)をご覧下さい。)

品質に自信がある修理業者は、修理後のパーツに保証期間を設定しています。

修理後に交換したパーツが原因で不具合を起こした場合、期間内であれば無償で修理を行うと言った保証です。

修理業者によて期間は10日~6ヶ月と差がありますが、品質に自信がある業者程、長く設定しているので3ヶ月以上を保証している所を選ぶと、品質に関しては安心でしょう。

非正規修理店が”部分修理”をしてしまった場合、保証の対象外となりますが、その機種が盗難や紛失にあった場合は事実上、キャリアの保証は使えます。

上記でも書きましたが、キャリアの保証を利用して”部分修理”を行った場合、割高になる事が多いので、デメリットの部分もそこまで大きくないと言えるでしょう。

データはどうなるのか?

・正規修理店

原則修理機種のデータは消去され、機種は廃棄されます。

キャリアは個人情報の流失を一番危惧しています。

その為、データを完全に消去する事によって、流失させる事を防いでいます。

もし、修理工場内で紛失や盗難が発生してしまい、その機種の中にデータがあると、個人情報の流失リスクが高まります。

個人情報が流失してしまうと、企業は法律で罰せられると共に、利用者の信用も失ってしまいます。

データを消去する事は、利用者を含む全ての人にデータが流失する事を未然に防げるので、ある意味非常に安全で安心な対応と言えるでしょう。

非正規修理店では、”部分修理”の場合、データは消えませんが、正規修理店は””部分修理”、”本体交換”問わず必ずデータは消されます。

キャリアの修理を利用される場合、必ずバックアップを取ってから修理に出して下さい。

修理品が届いた時、初期化された状態で届くので、自身でバックアップしたデータを復元する必要があります。

バックアップ方法と同時に、復元方法も併せて確認しておく事をオススメします。

非正規修理店

非正規修理店が一番重視している点は、このデータの部分です。

壊れたパーツを交換する”部分修理”になり、交換したパーツ以外はそのままなので、データ等も基本的に消えません。

水没等の症状に対しても、データを救うために様々な工夫を施して復旧を試みます。

「今あるデータは残す。」

「救える可能性のあるデータは救う。」

これが、非正規修理店の基本スタンスであり、正規修理店との最大の違いと言えるでしょう。

その為、データを救う技術に関して正規修理店より高い技術力を持っている修理店も多数存在しています。

本体は交換が出来ますが、データは交換が出来ないので、キャリアの保証適用外となってしまっても非常に需要があります。

非正規修理店に修理依頼をされる際に、個人情報管理が気になる場合、個人情報保護士の認定資格を持っている店舗を選んでいただければ安心です。

非正規と正規のデータ取り扱いの違いはコチラを確認して下さい。http://repairs.jp/smartphone_repair/93/

 

まとめ

以上、気になる点について正規修理店と非正規修理店を比較しながら解説してきました。

分類上、どうしても正規と非正規に分かれてしまいますが、意外にも非正規の方が、メリットが多い事が分かります。

実際、非正規店の修理が最適と言う方が殆どだと思います。

今回の比較でも分かりますが以下の点に該当する方は、非正規修理店をオススメします。

・データを失いたくない

・修理を早く済ませたい

・修理費用を安く抑えたい

この点は、非正規修理店の方がご要望に応えられる部分です。

反対に、正規修理店を利用した方が良い人は以下の点に該当する方です。

・データは不要もしくは完璧なバックアップが出来ている

・破損状態が酷く修理不可能な場合

・盗難、紛失した場合

特に盗難や紛失時は、本体交換が唯一の方法となりますので正規修理店がオススメな人です。

また、修理不可能な場合は自身で判断するのは難しい場合が多いので、一度非正規修理店に修理可能かどうかを問い合わせてみるのも良いと思います。

どうでしたでしょうか?

今回は、意外に知らない正規と非正規の修理の違いを解説しました。

是非、今回の記事を読んで、修理に出される際に参考にして頂ければ幸いです。

0 7