読み込み中...

AVCHD とは

最近では携帯電話やスマートフォンで動画撮影できることが当たり前になったため、以前に比べて動画を扱うことが多くなってきました。そのぶん動画をパソコンなどで管理したり、時には編集して記録用に保存したり動画共有サイトにアップロードするなんて方もいると思います。そんな方々にとって必ず意識しなければならないのが、動画の記録形式です。この記事では、AVCHDとmp4の違いについて解説します!

 

動画保存形式はどうすれば良い?

一口に動画と言っても実はその記録の仕方には様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。そして動画の記録形式の中でも最も代表的なのが、AVCHD形式とmp4形式の2つです。AVCHDとmp4との違いと、それぞれの特徴とはなんでしょうか。

AVCHD形式とは

AVCHD形式とは、Advanced Video Coding High Definitionの略で、SonyとPanasonicが共同で基本仕様をまとめたハイビジョン動画保存形式です。

この記録形式の最大の特徴は、高画質なハイビジョン動画をパソコンなどを介してDVDなどの記録媒体に保存するのに適しているということです。つまり、撮影した綺麗な動画をDVDなどに保存しておくことに適しているため、お子さんの成長記録など長期間に渡ってなるべく綺麗な状態で保存しておきたい方向けの記録形式となります。

しかし、この記録形式は、パソコンなどで再生・編集などする際には専用のソフトウェアが必要なことがほとんどであるため汎用性としての利用はなかなか難しいです。また、例えば動画共有サイトなどのWebサービスではAVCHD形式に対応できていないサイトがほとんどであるため、この点においてはデメリットと言わざるを得ません。

mp4とは

これに対してmp4形式は全く逆の特徴を持っています。mp4とは、デジタルマルチメディアコンテナファイルフォーマットと言われる形式で、正式にはMPEG−4と言われる規格の一部です。

この形式の最大の特徴は、なんといってもその汎用性の高さにあります。ほとんどの動画共有サイトで標準的にmp4形式が対応しているため、動画共有サイトへのアップロードを行いたい方にとってはmp4形式での保存が無難と言えます。

さらに、パソコンでは標準的な動画再生ソフトで簡単に再生できるだけでなく、ほとんどのスマートフォンなどでもmp4形式の再生に対応しているためデータの移行や動画の再生に対して敷居が低いと言えます。

ただし、画質を犠牲にしている部分があるためAVCHD形式の画質と比較すると、見劣りするのは否めません。そのため、動画を綺麗に撮影し、それをDVDにして友人や知人に配りたい、もしくは保存用としていつまでも残しておきたい、そんな方にとってはmp4形式は不向きと言えるでしょう。

そうは言っても、1つのデータを複数の端末で共有したりWeb上にアップロードして再生するなどのシチュエーションを考えるとそのメリットは十分にあります。以上のことから、どちらの形式がより優れているかというよりも、撮影する動画の用途により使い分けるのがベストな選択と言えるでしょう。

どのカメラが対応している?

さてそんなAVCHD形式とmp4形式ですが、具体的にはそれぞれどんなカメラが対応しているのでしょうか。実は先程ご紹介したそれぞれの記録形式での特徴を生かし、最近では通常ご家庭などで使用するようなハンディカメラやビデオカメラはAVCHD形式、激しい運動や水濡れなども恐れず臨場感あふれる動画を撮影したい場合に使用するアクションカメラなどではmp4形式が主流となりつつあるようです。

SONYのHDR−CX470

例えば、AVCHD対応するカメラとは、SONYのHDR−CX470があります。こちらは2017年4月発売モデルで、ハンディカメラの中でも比較的お手頃な価格で購入できるにも関わらずバッテリ性能、軽量化が前機種に比べてさらに向上した優れた機種です。またAVCHD形式を共有しているPanasonicでは、HC−W585MなどがやはりAVCHD形式に対応しています。HC−W585Mは2017年8月に発売されたモデルで、重さ309グラムと非常に軽量で、カラーもブラウン、ホワイト、ピンクの3色から選ぶことができ男性、女性を選ばないビデオカメラです。

mp4対応カメラ

これに対してmp4対応しているカメラで代表的なのが、アクションカメラでも有名なGoProのカメラになります。GoPRoは動きのある臨場感たっぷりのシーンを撮影するために特化したカメラで、小型・防水設計であることが特徴です。GoProカメラにはその用途により細かくいくつかの種類がありますが、基本的には全てmp4形式に対応しています。なぜなら、GoProで撮影された動画は記録・保存用途とは別に動画共有サイトやSNSなどのWebサービスにアップロードすることが主流になっており、そういった用途に対応するためmp4に対応しているのです。使用する用途により最適な記録形式がありますので、それぞれの特徴をよく理解して撮影に臨みましょう。

0 3