読み込み中...

Xperia tablet(ソニー製タブレット)のバッテリー交換方法と費用は?自分でやる?

Xperia tablet(ソニー製タブレット)のバッテリー交換方法と費用は?自分でやる?

SonyのXperiaタブレットシリーズといえば、Z2 tablet、Z3 tablet compact、Z4tabletなどが有名で、今もなお現役で愛用されている方も多いと思います。ただ、残念なのが、XperiaZ4tabletを持ってXperiaタブレットシリーズは販売が終了してしまいました。次の新しいXperiaタブレットが欲しくても手に入らないのです。

私もXperiaのタブレットの充電の持ちが悪くなって、バッテリー交換で悩んだ内の1人です。なので、Xperiaタブレットを愛用していて、まさかの故障の時は修理して使い続けたいと考えていました。




Xperiaバッテリー交換前の注意点!これをしないと大変

Xperia tabletの修理をする前に重要なことがあります。それは、データのバックアップです。多くの方が知っている事だと思いますが、メーカー修理では端末が初期化されます。知らずに修理を依頼すると、初期化されたタブレットが戻ってきます。一度初期化されたデータは取り戻すことが出来ませんので、要注意です。

参考記事:【Xperiaユーザー必読】データバックアップ・復元方法まとめ

Xperia tabletのバッテリー交換方法

どのように電池交換をして、電池持ちを改善しようか?と考えると、依頼先を含めて3つの方法が思い浮かびます。

・メーカーで交換(au/ドコモ/ソフトバンク)

・非正規修理店に依頼する

・納得のゆく他タブレットを探す

修理の手段で悩む方の内容は様々ですが今回はエクスペリアタブレットのバッテリーの交換について状況に応じたオススメの修理方法をご紹介したいと思います。

Xperia tabletのバッテリー交換はどうすれば良い?

どのタブレットでもそうですが、バッテリーを搭載している端末である以上、いつの日かバッテリーの劣化は訪れます。多少のバッテリーの劣化なら、充電しながらなど、我慢できますが、日常使用している中で「みるみるうちに減るバッテリー残量、使用している間に突然電源が落ちてしまう」状態となると、ストレスが溜まり快適に使えない状態となります。

こんな状態になると、「そろそろバッテリーがダメか」となりますよね。買い替え、修理など選択肢はありますが、「お気に入りのXperiaタブレットを越す買い替え機種が無い!Xperiaタブレットをまだまだ使いたい!」という方は、バッテリーを交換して使用する事になります。

電池交換の方法・3つの選択肢

①SONYによるメーカーへ依頼

②非正規店修理・街中の修理店

③自分で分解、電池交換する?

これらの修理方法を考えると、まず、自分で電池交換することはお勧めではありません。実際に修理をしたことがあるのでわかりますし、念のため色々とXperia tabletの修理方法を調べましたが、Xperiaタブレットシリーズは画面側からしか分解することが出来ません。

③自分で分解する際のリスクは大きい

画面を割ってしまうリスクが最も大きなリスクです。または、液晶やガラス画面を問題なく剥離することができたとしても、修理作業中にミスをしてしまえば、予想以上の出費となる可能性があります。例えば、ケーブルやコネクタなどにプレッシャーをかけることによって、電流が流れなくなるなど・・・最悪の場合自分の手で大切なXperiaタブレットを壊してしまう可能性があります。

それだけは避けたいですよね。自分でバッテリー交換することに自信のある方は良いですが、オススメの方法とは言い難いです。となると、メーカー修理か非正規店でのバッテリー交換となります。

参考:Xperiaの電池持ちが悪い!バッテリー交換なら保証サービスがおすすめ!

②非正規店でXperia tabletのバッテリー交換をする場合

街中の修理店でのバッテリー交換を検討してみました。修理業者によって金額は様々ですが、10,000円〜20000円が平均的なバッテリー交換費用です。ただ、修理対応している所が少ないです。ホームページ上に記載があっても、Xperiaタブレットのバッテリー交換で連絡しても、対応していない店舗がちらほらとあります。そこで、Xperiaのバッテリー交換に対応しているか電話で聞いてみました。

聞いた内容をまとめると、容量の大きいXperiaタブレットのバッテリーはよい品質のものが手に入りにくいようです。そして、メーカー修理よりコストが下がると言われている非正規修理店と、メーカー修理での電池交換にかかる費用にはほとんど差がないとのことです。

Xperiaのバッテリー交換にかかる時間は即日〜1日なので、直ぐに直したい、データそのままで修理したいという場合には良いですが、そもそもXperiaタブレットのバッテリー交換に対応している店舗が少なく、近くに店舗があれば良いですが、近くにない場合には郵送修理となります。

郵送修理では、時間もそれなりに取られてしまいます。近くに信頼できるXperiaタブレットのバッテリー交換に対応している店舗がある場合には、一つの検討材料となりそうです。




メーカー(SONY)でのXperia tabletのバッテリー交換の場合

Xperiaタブレットシリーズのバッテリー交換費用は、11,000円(税別)です。Xperiaタブレットのモデルによっては、中古が買えてしまう範囲の金額ですが、バッテリーが新しくなると考えるとお得な値段だと思います。中古端末の流通も徐々に減っていくことを考えると修理して長く使うという考え方もありですね。

非正規修理による修理に比べ、やはり正規店のメーカー修理は信頼感があります。基本的には割高となるメーカー修理ですが、機種によってはメーカー修理がオススメとなる機種もあります。メーカーであるSONYが交換してくれるバッテリーですから、信頼度も抜群です。

参考記事:バッテリーが膨張してたら危険!急いでXperia tabletのバッテリー交換を

Xperiaタブレットのモデル別で料金は違うの?

XperiaのタブレットはZ2 tablet、Z3 tablet compact、Z4 tabletとモデルがありますが、どのモデルも修理料金は一律11000円です。
2015年7月31日現在の料金ですが、定額修理(作業料金、部品代込み)となっているので非常にわかりやすい修理料金です。発売から期間が経っているXperia Z2 tabletなどの古いモデルに関しては在庫がない可能性が高いのでまずはソニーに問い合わせるのをおすすめします。

まとめ

Xperiaタブレットシリーズのバッテリー交換でお困りの場合には、メーカーでの修理依頼が間違いなくお勧めできます。ただ、最近はメーカーもバッテリーの在庫がないなどと言うことでバッテリー交換を断られた方の話をRepairs編集部では情報を得ています。

Xperiaタブレットが起動しない状態など、データのバックアップが取れない状態の場合には、メーカー修理はデータが初期化されますので、データが必要という場合には非正規修理でのデータ復旧が必要となります。

参考記事:Xperiaが故障した!データ救出・取り出し方法

データのバックアップが万全に取れている、またはデータは不要という場合には、費用としても信頼度を考えてもメーカーでのバッテリー交換がお勧めです。次に、データのバックアップが取れておらず、データが必要という場合には非正規店でなければ対応できません。

または、費用を抑えるのであれば自分で交換作業をすることが最安となりますが、購入したバッテリーの信頼性と自分の修理技術に絶対の自信が無ければ、おすすめではありません。以上の事から、比較的費用がかかると言われているメーカー修理ですが、Xperiaタブレットシリーズであれば、間違いなくメーカーでの修理が一番です。

設定を変えるのが面倒、データをそのままに修理をしたい!もしくはデータがとても大切という方にはバックアップを取得した上での機種変更を推奨します。



Xperia z2 tablet/Z4 tabletの次は何を買えばいい?

正直、Androidのタブレットは非常に期待できるモデルが少ないですよね。Z2 tabletも発売してからかなりの期間が経ちましたが、そのまま使えていればZ4に乗り換える理由もないですし、Z4tabletを購入したくてももう発売(2015年6月)してから3年近くが経っており、メーカーであるSONYのオンラインストアで購入するのは難しいです。
関連記事:Xperia Z2 tablet/Z4 tabletが文鎮化。起動しない…電源が入らない、充電不可

3 thoughts on “Xperia tablet(ソニー製タブレット)のバッテリー交換方法と費用は?自分でやる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です