読み込み中...

壊れたiPadからデータ取り出し!破損iPadのデータ復旧業者

iPadはApple社からiPhoneよりも後に発売されました。iPhoneと比較して液晶の大きさが魅力的でガラケーと一緒に利用すると便利なタブレット端末です。また、近年では軽量化が進んでいることやiPad専用のOSも開発されたことによって、より一層便利になって行くので大切な写真や制作物などの画像データを保存して行くようになるのではないでしょうか。

このページでは今後さらに便利になることが予想されるiPadが壊れてしまって、そこからデータを取り出したい!という方のために情報をまとめてご紹介いたします。また、おすすめできるiPadのデータ復旧業者もご紹介します。

iPadが壊れ方によるデータ取り出しの難易度

iPadが水没することはそれほど多くはないかと思いますが、コーヒーをこぼしてしまったなどの水没からのデータ取り出しは成功率が高いのではないでしょうか。また、落下させてしまった衝撃で内部破損が起きた場合に関してもデータ復旧ができる可能性が高いと思います。難易度が高いものとしては、データ容量がいっぱいまで使われていてソフトウェア的なトラブルが発生してしまった場合などを含む突然ある日電源が入らなくなってしまった場合です。

iPadが突然電源が入らなかった場合

もしiPadが突然電源が入らなくなってしまった場合にその直前に何かしていたかどうかが重要になってきます。もし直前までにiOSなどのソフトウェアアップデートを行っていたとしたら、そのアップデートが失敗してしまって起動しなくなっている可能性があります。このような場合には原因の特定は難しいので、データが大切な場合には電源を自分で入れたりせずに専門業者に持ち込むことをお勧めします。

画面がバリバリで蜘蛛巣のようになって大破している場合

iPadの液晶が大破していてフレームが歪んでしまっていてもiPadの修理が可能な業者であれば、データを取り出すことは可能です。また、電源が入る状態であればご自身でバックアップを作成することは可能かと思います。ただ、とにかく自分で何かやったら壊れてしまうのではないか?と思う方は自分で何か対処をせずにiPadに強いデータ復旧業者に持ち込むことを推奨します。

おすすめのiPadのデータ復旧業者はSMARTFIXデータリカバリー

Repairs編集部ではSMARTFIXをおすすめします。データ復旧サービスとして公共機関への協力実績もあるSMARTFIX。基板修理を伴うiPadのデータ復旧だけでなく、iPhoneのデータ復旧などもできる技術力の高さは自信を持ってお勧めできます。また、データが取り出せなかったら作業費用がかからない成功報酬制というのがおすすめできるポイントです。

まとめ

iPadが壊れた、と言っても破損の仕方には色々あります。ただし、そのトラブル発生時にバックアップを取っていないとしたら、データを何としてでも取り出したいのは変わりませんよね。自分で何かを無理矢理やろうとすればするほどiPadのようなスマートデバイスのデータ取り出しは難しくなって行きます。データの取り出しを専門で行っている専門業者へ持ち込みされることをお勧めします。

電池の持ちが悪いと思ってバッテリー交換をしたら起動しなくなってしまうこともあります。もしまだiPadの電源が入る状態である場合には、バックアップをiCloudもしくはパソコンに接続してiTunesにバックアップを作成されることをおすすめします。

参考:【厳選】iPhoneのデータ復旧業者!おすすめ5社でデータ取り出し

0 9