読み込み中...

Surface修理不可の場合を故障症状別にまとめてみた

Surface修理不可の場合を故障症状別にまとめてみた

マイクロソフトのSurfaceですが、故障の状態や箇所によって、修理ができない場合があるので、それらをまとめました。デバイスの分解情報サイト「iFixit」でSurfaceは修理難易度が非常に高い(モデルによってはほぼ修理は不可能と表現)と言われていますが、そもそもメーカーでは交換という形で修理不可と考えられるものがあったとしても対応できます。果たしてどのような状態だと修理が出来ないのか、実際のところを知りたいですよね。



電源が入らない・起動しないSurfaceの修理は不可

Microsoftでは電源が入らないPC、起動しなくなってしまったSurfaceは交換対応になります。マザーボード(基板)修理は不可と言うことです。そのため自分自身が今まで使っているデバイスではないリフレッシュ製品が手元に届くことになります。そのためデータが重要な場合に関してはメーカーに修理依頼をしてしまうと消去されることになるので困ってしまいます。

充電がされないと言うようなバッテリー交換はメーカーに依頼することで品質の高いものに取り替えてもらえるのでオススメです。まだ強制再起動を試してない方は電源ボタン30秒程度の長押しで試してみてください。
参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

画面がつかない・何も映らない

画面が何も映らない、画面がつかない場合には液晶が損傷している場合、液晶ケーブルがSurfaceの内部で損傷している場合が考えられます。ソフトウェア的なトラブルを抱えている場合もあるので、その場合にはデータが重要でなければ修理は不可です。
参考:Surfaceの画面がつかない・何も映らない場合の対処

公式Microsoft(メーカー)で修理不可なのはデータ関連

データ復旧を修理と言うかどうか正確には違うとは思いますが、データに関するものは基本的にどのパソコンもメーカーは対応していません。逆に言うと、データに関わらない画面割れの修理はフレームが歪んでいる場合もあるのでマイクロソフトに修理を出すことが望ましいです。とにかくボディが硬いので、フレームの歪みを修正しようとすると破損してしまう可能性があります。

電源が入らない、起動しない、何も表示されない場合の対処

メーカーではデータに関わるものは消去した上で修理を行うということは上述しましたが、その場合にデータのバックアップが取れてない1ということもあろうかと思います。そういった場合にはSurfaceのデータ復旧サービスの利用をする必要が出てきます。費用がかかってくるので、どの程度予算をかけれるものなのか事前に考えておくことは大事ですが、対処方法含めまとめましたのでご覧ください。
故障したSurface Proからデータ復旧・救出!重要なデータを取り出したい

タイプカバーが使えない、おかしい場合は修理不可

SurfaceProのタイプカバーはマグネットで取り外しができるタイプです。認識しない・全く反応しなくなるといった場合があります。この時に画面割れ等の他のトラブルが併発していると受け口の方である端末側の問題を疑った方が良いですが、そうでない場合にはタイプカバーの故障か接触不良であることが考えられます。また、キーボードのライトが点灯しなくなる場合もあります。文字入力がおかしくなってしまった場合でも対処方法はあります。

解決できるか試してみた方が良いこと

  • ・タイプカバーを一度取り外し、抗菌シート等の綺麗な布等で拭く
  • ・着いている部分がズレていないかどうか再度確認する
  • ・文字入力がおかしくなっていて、物理的ではなさそうな故障の場合はPCを強制終了してみる

対処方法

  • ・新しいタイプカバーを購入する、もしくは互換性のあるキーボードを購入する
  • ・外付けのキーボードを購入する

関連記事:Surfaceのキーボードは修理不可?壊れた!?おかしい?打てない?

SSD交換や換装

基本的にHDDを搭載しているSurfaceですが、マイクロソフトではアップグレードやカスタマイズには対応していません。こういったアップグレードは街中の修理店でしか対応していません。画面割れ等が起きてしまった時についでにSSDへの換装を行うことも検討してみるのは良いかもしれません。分解が非常にしづらいSurfaceは液晶が薄く、修理屋さんとしても交換時の画面割れリスクは気にしているはずです。

関連記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

Surfaceのおすすめモデルの選び方

修理不可となってしまった場合、他のメーカーのパソコンに乗り換えるか、また改めてSurfaceを購入するか悩まれると思います。元修理屋目線でSurfaceを購入する際のおすすめのモデルと選び方をまとめましたので、参考になさってください。
参考:Surfaceのおすすめモデルの選び方!購入時にMicrosoft Completeに入るべき?

参考記事:Surfaceの画面割れ修理・液晶交換方法まとめ



まとめ

Surfaceの修理不可という場合はキーボードに関しては新規購入がおすすめで、その他の場合、リファビッシュ品との交換をMicrosoftがサポートしている場合には基本的に有償ですが、メーカーに依頼することが望ましいと考えられます。こういう時のために延長保証サービスのMicrosoft completeがあるのかもしれませんが、運が良ければ故障に見舞われることなく製品寿命を迎える場合がほとんどですので、考えものですよね。

Microsoftでの修理可能なケース

修理不可である箇所をまとめてきましたが、メーカーに修理できるのはボタンの押し具合が悪いものを改善することや画面割れ液晶交換、充電不良の改善のバッテリー交換と言えそうです。物理的な損傷は修理サービス(リファビッシュ品への交換)で対応していますが、そうでないものに関しては基本的にメーカーでは難しいです。データのバックアップが取ってあれば問題はないので、確実にデータはクラウドや外付けHDDへ保存しておきましょう。
関連:SurfaceProを修理!Microsoft(正規)への依頼方法、値段と注意点