読み込み中...

iPhoneが水没でショートした!?基盤故障を修理でデータ復旧

iPhoneが水没でショートした!?基盤故障を修理でデータ復旧

iPhoneを愛用していたら思わぬ損傷または故障でデータを取り戻せなかった経験のある方も多いのでは無いでしょうか?画面割れ、バッテリーの劣化、充電コネクタの損傷など、物理的に壊れてしまった場合には、パーツ交換で修理が可能ですが、下記の3つの場合は状況・対応方法が異なります。

水没によるショート

電源系統トラブル・起動しない

再起動ループ(リンゴループ)

このページでは水没によるショートとそれに伴う故障に関してApple StoreやAppleのコールセンターに連絡したら基板の修理は対応してないと言われてどうすればいいんだろう?と思っている方や、街中のiPhone修理業者に修理を依頼して「基板のショート・基板故障の為、修理不可」と診断されてしまった方のためにお役立ち情報をまとめて解説いたします。

iPhone基盤のショートはApple Careでは対応不可

iPhoneの保証サービスとして多くの人認識しているApple careですが、基板自体の修理に関してはAppleでは公式に提供していません。あくまでも本体交換サービスを提供しています。水没させてしまったiPhoneでもAppleCare+に入っていれば有償ではありますが、新品もしくは再生品に交換することが可能です。

参考:【Apple Care】水没したiPhoneは保証対象?それとも対象外?

もちろん、基板修理の技術はApple社内にはあると考えられますが、データ復旧や基板修理サービスは提供していません。また、iPhoneの基板修理サービスに関しては料金が画面割れ交換やバッテリー交換と比較しても高くなるので、「iPhoneを修理して使い続けたい」という方にはオススメできません。

iPhoneが水没…基盤がショート・故障するとどうなる?

iPhoneが水没してしまうと基本的には電源が入っていれば、そのままです。その間にデータのバックアップを作成できればラッキーなんですが、基板のショートもしくは液晶、バッテリーなどのパーツの故障によって、電源が入らなくなります。

また、水没してしまった後に、自分で充電ケーブルを挿したり、iPhone修理屋さんに依頼したりする中で、ソフトウェアトラブルが発生する、または基板がショートするなど何かしらの故障が起きてしまう可能性があるので、水没後は何もしないのが得策だったりします。

大事なデータはどうなってしまうのか?データを取り出せる方法があるのか?など、大切なデータが保存されているiPhoneのことが心配になると思います。このような状況になったときに基盤の修理が必要になってきます。

基板故障、基板のショートの修理って?

iPhoneの基盤に詳しく、特殊な技術を有している方以外では、正しく診断することもそうですが、基盤修理に関しては技術としても非常に高いレベルのものになります。例えば、iPhoneの修理従事者、iPhoneの構造に詳しい、基板に詳しい方や半田付けをしたことがあるという場合、ほとんどの方がどのようなものかわからないものであるとも言えます。

そのため、ご自身のiPhoneが海やプールに水没して故障してしまった場合には、故障箇所、症状からの推測や判別することは不可能と言えます。

街中の修理屋さんはパーツ交換がメイン

iPhoneを損傷、故障させてしまい、修理業者に依頼をした結果、こののような判断をされたことのある方も多いと思います。基本的には街中のiPhone修理業者(非正規修理業者)はパーツ交換による修理対応をしています。

・ただの画面割れだと思っていたら、基板故障と診断された

・バッテリーの劣化だと思っていたら、基板ショートと診断された

・水没させてしまい、基板ショートのため、修理不可と診断された

そのため基板が故障している場合には修理不可という判断になることがほとんどです。もちろん、基板修理にも対応できる技術がある修理屋さんの場合には、基板修理の対応が可能なケースもあります。粗悪な修理業者でない限り、基板故障と診断された場合には、ほぼ基板故障の可能性が高いですが、信用することができない場合には、他のデータ復旧専門業者に改めてデータ復旧依頼する事も有効です。

おすすめのiPhoneのデータ復旧業者はSMARTFIX

Repairs編集部ではSMARTFIXをおすすめします。データ復旧サービスでは公共機関への協力実績もあるSMARTFIX。iPhoneのデータ復旧だけでなく、Androidのデータ復旧もできる技術力の高さは信頼して依頼することができます。


iPhoneの基板故障による症状

単純に基板故障といっても症状は様々です。基板には、無数のチップが搭載されていて、iPhoneの操作、データの記録、ディスプレイへの出力、充電、スイッチボタン、音量などなど、全ての機能が詰まっているといっても過言ではありません。そのチップが破損、故障、することで正常にiPhoneとしての使用が出来なくなります。

タップ・タッチができなくなる場合も

例えば、タッチ機能を有する基板部分が故障すれば、タッチ操作の異常が起きタッチ操作が不能となる可能性があり、画面への出力部分であればディスプレイに何も表示されなくなり、CPUであれば起動しない症状へと繋がる場合があります。基板(マザーボード)は最も重要なパーツで、精密ですので、基板が故障している場合には、修理不可または、高額な修理費用となる可能性があります。


iPhoneの基板・マザーボード故障の原因は?

大切に使っていたのに基板故障?なぜ基板故障になってしまうの?という疑問を持たれた方も多いと思います。基板が故障には様々な要因が考えられます。

・水没、液体をこぼすなど、iPhone内部への浸水による基板故障

iPhone内部への浸水が電源が入らなくなったことの原因であれば、基板故障にも納得が出来ると思いますが、基板が濡れる、また、汚れることによって、過度な電流が流れてしまうことがあります。また、基板の損傷、劣化が原因で基板が故障してしまう事があります。過度な電流が流れることで基板がショートしてしまうのです。

・基板のチップの劣化

基本的には外部に触れることの無い基板ですが、どんな物でも経年劣化してしまいますので、同様に基板の劣化による基板故障もあり得ます。また、本体が熱を持って、気温が上がったり、気温変化の多い環境への持ち込みなどによってチップにも悪影響を及ぼす場合があります。

・基板チップの損傷、故障

水没や劣化に加え、度重なる落下や強い衝撃などにより、基板チップの不良が起き、基板故障となる可能性があります。何度もiPhoneを地面や床に落としていたら、その衝撃がマザーボード上のチップにも伝わってしまい、回数を重ねれば重ねるほどに状態は悪化するので、急激な変化はないですが、繰り返しの衝撃による劣化は有り得ます。

・異常な電流が流れることによる基板故障

 濡れた状態、湿気のある状態で充電、安定な電流が流れない環境で充電をするなど、基板に異常電流が流れることで基板がショートしてしまう可能性があります。

以上のように、様々な原因があり誰しもが遭遇する可能性のあるトラブルです。基板故障の症状でデータ復旧をしたいという場合には、高額な費用となる可能性もあり、確実に復旧が可能ではありませんので、日々のデータのバックップが何よりも重要です。

iPhoneの基板修理は高難度

iPhoneの基板が故障してしまい、修理が必要な場合には基板修理が必要となります。インターネットで調べると数多くの基板修理対応の店舗が出てきますが、どこに修理を依頼するかが大変重要となります。

基本的には基板修理の場合には、ほぼ確実にマザーボードに手を加えますので、1業者目で失敗、諦めきれず2店舗目、3店舗目・・・というようになると、基板にどんどん手が加えられ基板故障の原因究明が難しくなり、データの復旧率は格段に下がります。

また、iPhoneの基板は特殊な作りとなっている為、修理難度が極めて高いと言われています。そのため、パソコン、スマホなど様々な基板修理実績を持っていようと、iPhoneの基板修理をどれだけ経験し、どれだけ実績を積んでいるかが重要なポイントとなります。

大切なデータが取り戻せるか、戻せないかの重要な部分ですので、データをどうしても取り戻したいという場合には、信用できる業者なのか、基板修理の実績はどうなのかなど、詳しく質問し後悔の無い業者選びを心がけましょう!

参考:iPhoneの基盤修理でデータ復旧できない写真が復元可能に


iPhoneの本体復旧したい場合、基板修理はオススメしない

基板修理を検討されている方は、多くの場合データ復旧がご希望だと思いますが、データは不要で本体復旧したいという方もいると思います。ただ、一度故障した基板に手を加え修復する作業となりますので、今後不具合が起きる可能性や、再発してしまう可能性は0ではありませんので、データが不要の場合にはiPhoneの基板修理はおすすめではありません。

新品のiPhoneに乗り換えを

安く抑えるのであれば、中古のiPhoneを購入するのも悪くはない選択ですが、確実に動くものを手に入れたい、という場合には新品のiPhoneを購入されることをオススメします。その際に、よく壊す、画面割れなどのトラブルに見舞われるという場合には最新モデルのiPhoneではなく、iPhone8以前のモデルをオススメします。

基板修理でiPhoneからデータは取り出せるのか?

iPhoneの基板の構造、セキュリティの高さから100%、確実にデータ復旧が可能な業者は無いと言えます。

iPhoneはPCやAndroidスマホと違う

iPhoneと違って、パソコン、スマホの場合にはデータが格納されている部分から直接データを取り出すという方法がありますが、iPhoneの場合にはデータが暗号化されるなど様々な高度なセキュリティにより、データを直接取り出すという方法はできません。

データチップだけの抜き出しは不可

iPhoneに関しては基板上から、メインのチップを取り出そうとしても、データとして見れない、そもそも取り出せないという現状です。そのため、iPhoneの基板故障の場合には、正常に起動する状態、または起動しデータのバックアップが取れる状態まで復旧させる必要があります。そのため、高度な技術が必要であり、データ復旧業者を探すことが何よりも大事な作業となります。

システムエラーには何度もトライアンドエラー

また、データチップが破損している、基板のシステムエラーなど、そもそもデータが破損している、またはデータを認識出来ない状況の場合には修理は出来ません。ただ、この症状であったとしても基板修理に取り掛かり、一つ一つ故障原因を解いて行っての判断となります。

理論上ではデータが破損していない限りは、復旧が見込めますが、前述の通りiPhoneの基板修理は難易度がかなり高いので、基板修理対応業者は増えてきているものの、まだまだ発展途上とも言えますので、今後に期待したいです。

本体復旧はしてもいつまで起動できるかわからない

ここまで説明をちゃんと読んでいただくと、iPhoneが本体として起動するようにしなければデータの復旧をすることができないことがわかっていただけたと思います。でも、本体として使えるようになるのは期待しないでください、と言いました。その理由としては、基板は工場で機械的に作られているもので、非常に細かい構造になっています。これを短期的にでもデータが取り出せるようにするものであって本体として長く使い続けることは保証できないからです

基盤?基板?どっちが正しいのか

かなりの修理屋さんのページでも基盤修理と書いているものが目立ちます。恥ずかしながら、このブログでも編集をして、ただしく「基板」と書くことになりました。小さいことかもしれませんが、「基盤」というのと「基板」というのは大きく異なります。そのため、しっかりと修理屋さんが理解しているかというのを見極めるポイントにもなるかもしれません。

まとめ

今回は基板のショート・故障の場合の基板修理についてまとめましたが、iPhoneの故障原因は様々ですので、水没などの場合には基板修理をせずに復旧する可能性がありますし、症状によってはソフトウェアの書き換えで復旧する可能性もあります。一概に基板修理が必要かどうかは言い切れません。

また、基板の故障箇所によっては、基板修理の実績を積む業者が増えていますので、信頼できる修理業者を探すことが何よりも復旧への近道となると思います。データのバックアップがあれば多大な労力、費用をかけずに済みますので、データのバックアップを定期的に取るようにしましょう。

スマホが水没しショートした際には

このページではiPhoneが水没して、ショートしてしまった、何かしらの故障をしてしまった場合について紹介させていただきました。ただ、スマートフォン全般となるとかなり幅広くなってしまうので、今回は割愛させていただきました。そのため、マザーボードや基板について詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳細に解説しましたので参考までにご覧ください。

参考:みんな知らない!スマートフォンの基板とその修理の秘密

水没したのに、iPhoneが普通に使える!という方はたまたまラッキーで、幸運に恵まれたとしかいえません。あくまでもそれは一時的な復旧もしくは再度立ち上がる状況にはなったけれども、いつまた電源が入らない状態になるかはわかりません。もし今起動しているiPhoneをお持ちならば、データのバックアップを急いで取ることをオススメします。