読み込み中...

iPhoneが水没!普通に使えるうちにデータをバックアップ

iPhoneが水没!普通に使えるうちにデータをバックアップ

iPhoneが知らぬ間に洗濯機に入っていた。洗い物をやっていたら大量の水がかかっていて、電源が入らなくなっていた。そのような時に絶対にやってはいけないのはすぐに電源を入れることです。しっかりと乾燥させることはとにかく大事です。私自身、iPhoneの修理サービスに関わっていた人間なので、その観点からアドバイスできることをまとめます。



こういった水際のトラブルでも普通に問題なく使える!というラッキーな人もいるのもまた事実です。そのような場合には優越感に浸ることなく、しっかりとデータのバックアップを取ることをお勧めします。旅行の写真、子供の写真、友達との写真、思い出になるものがたくさんiPhoneには入っています。

水没したけど、異常なし

意外と大丈夫だった、異常なし、なんていう投稿が見受けられます。たしかにたまたまラッキーで水に落ちただけで、iPhoneの筐体内部に水分が入らなかっただけか、入っても本当に僅かであったかのどちらかです。

水没したiPhoneはいつ起動しなくなるかわからない

実際のところ、水没したけれど普通にiPhoneが使えるという強運の持ち主の方にはわからないかもしれませんが、たまたま落とし所か濡らしどころが良かったもしくは、たまたま濡れることがなかった!というだけで、水没してないかどうかは分解してみないとわかりません。

手汗で水没することもある

少し脱線しますが、過去にiPhoneの修理をしてきた中で出会った人で、通勤時間の電車内にiPhoneを触っていて、という方がいました。その方はバッテリーの持ちが悪い、ということだったのですが、分解してみると水没していることが判明しました。

iPhoneの状態が良ければ、バッテリー交換もできる

その方の了承を得て、バッテリー交換はしましたが、一度内部に水滴が入った場合にはいつどうなるかはわかりません。そもそも手汗で水没するのか!というのには驚きましたが、軽度であったので問題がなかったのかもしれません。iPhone5を使用されていたので、防水性能も高いわけではないので、今頃はiPhone8以降のモデルを使われているといいなあと思います。水没はしても普通に動く場合は動きますし、電源が入らなくなることもあります。

水没したiPhoneの修理はAppleへ

街中で見かけることが多くなってきたiPhone修理屋さん。それほどまでに利用している人が日本国内にたくさんいるわけですが、それだけトラブルも多いわけです。画面割れやバッテリー交換が即日で数十分で完了する便利なiPhone修理サービスを提供していますが、水没してしまったiPhoneの修理は特別な理由がない限りお勧めしません。

水没したiPhoneの修理はおすすめしない

なぜ、iphoneの修理をおすすめしないかと言うと、基本的に水没してしまった電子機器はいつどのように壊れるかわからないですし、熱を持つ可能性もあります。さすがに爆発すると言うことはないと思いますが、いっつ電源が入らなくなるかはわかりませんし、それが原因でマザーボードの劣化を進める可能性もあります。
ただし、下記のような場合には非正規修理店への持ち込みをお勧めします。

キャリアの契約がもう少しだからそれまでの期間使いたい
大切なデータを復旧したい(※お店をしっかり選ぶ必要があります)

場合によっては中古のiPhoneの購入を

キャリアの契約期間中に使用をしておきたい!という方であれば、修理に出すよりは一度乾燥させて、完全に乾いたのを確認してから電源を入れてみて、起動するかどうかを試すのをおすすめします。そして、修理に出すよりは、中古の端末を早めに購入するのが良いかもしれません。東京であれば秋葉原や新宿などで購入することもできますし、ヤフオクやメルカリでの購入をしても良いと思います。

iPhoneのデータのバックアップを

何れにしても大切なデータが入っている場合に電源が入らなくなると本当にショックです。そういった方々を何人も見てきたり、お電話でお話をしてきましたので、よくわかります。「子供の生まれた時からの写真が入ってる、バックアップも何もない」という本当に過酷な状況と対峙すると、カウンセラーにでもなったような気持ちになりました。。

データバックアップの取り方のおすすめ

iphoneのバックアップ方法にはいくつかありますので、それぞれをご紹介します。パソコンが家にある方も最近は少なくなってきたのではないでしょうか。それぞれの環境にあったバックアップ方法がありますので、ぜひ水没させてしまった機会を転機にバックアップを作成する習慣(環境)作りをしましょう。

パソコン(iTunes)でバックアップ

自宅にあるパソコン(WindowsでもMacでもどちらでも構いません)で、iTunesをインストールして、バックアップを作成します。暗号化のあり、暗号化なしのバックアップ作成方法などがありますので、そちらは別のページで解説していますのでご覧ください。
関連ページ:iTunesバックアップの暗号化はした方がいいの?あり・なしの違い

iCloudでバックアップ

iPhoneの歯車のアイコンからiCloudの設定をすることは可能です。5GBまでであれば無料で保存することが可能なので、こまめに必要な画像かどうかを取捨選択してゆく場合には無料のままご使用ください。有料のものは容量が大きくなりますので、写真をたくさん撮影する方は有料版にしておくことをおすすめします。

普通に使ってたら電源が入らなくなった

電源が入らなくなるタイミングは水没したiPhoneを使っているといつやってくるかはわかりません。データのバックアップを取っていない場合はデータ復旧サービスを利用しなければなりません。その端末が起動しなくなった原因として考えられるのは①基盤のショート②バッテリーの劣化③電源ケーブルの劣化等が主なものだと思います。特に基盤修理ができるお店は数少ないので、慎重に選ぶ必要があります。

関連:iphoneの基盤がショート!?修理方法と大事なデータを取り出す

データが重要でない、もしくはバックアップが取得できている場合には端末を諦めてiPhoneの乗り換えを検討されることをお勧めします。

まとめ

iPhoneは水没してしまったら普通に使えるうちに使うことは問題ないですが、バックアップを必ず取得しておきましょう。先送りしておいてもいつ電源が入らなくなるかはわからないです。何日か使わずに済むのであれば乾かせると理想です。その際にやってはいけないこともあるので、十分に注意してください。

2 8