読み込み中...

【プロ監修】iPhoneの電源入らない!データ取出・復旧する方法

【プロ監修】iPhoneの電源入らない!データ取出・復旧する方法

何らかの理由でiPhoneの電源が入らなくなってしまった・・・でも、iPhoneの中には大切な写真や動画、メモ帳のデータが入っているので、何とかデータを取り出したい!という方のために解説いたします。

iPhoneにバックアップができていない大切なデータがまだあるという時は焦らず色々とアクションを起こさずに、下記の内容をご覧ください。このページでご紹介するのはiPhoneの電源が入らない・起動しない場合の下記の症状についてです。特にデータを取り出すことを念頭に情報を整理しています。

<iPhoneの症状の具体例>
・iOSのアップデートの失敗

・水没してしまって電源が入らない

・突然シャットダウンしてしまった

・原因不明の起動不良

これらの症状以外に画面が真っ暗になっていて、液晶に何も映っていない場合、電源ボタンの故障やバッテリーが空になっている場合などの液晶パネル、電源ボタン、バッテリーなどのパーツの故障によるものはこのページの下部でご紹介いたします。

データを取り出すための最善の方法はデータ復旧業者への依頼

まずはじめに、iPhoneの中のデータが自分の中でどれくらい大切なのかを考える必要があるとは思います。それはこのページを読みながら考えていただければと思いますが、iPhoneの電源が入らない際のほとんどの症状において、「何もしないでデータ復旧業者へ持ち込む」というのが最善の方法であることをお伝えします。

ただし、データ取り出しのプロに依頼するということはそれなりの費用が発生するのも事実です。そのため、データ取り出しのためのベストな選択をするのか、他の選択肢として自分でできる範囲でデータ取り出しの作業を行なってみるのかを判断していただければ幸いです。

iOSのアップデートに失敗した

iPhoneの電源が入らない状態になった時に唯一自分で試して見ても良いのは、起動しない原因が「iOSのアップデートの失敗」だとわかっている時にはアップデートを再度実行することができます。これに関しては正直自分でやるのも、iPhone修理店や、データ復旧業者に持ち込んだときに行うこととして差異がほとんどありません。そのため、iOSのアップデートを改めて正常に実行できればデータを取り出すことが可能です。

リカバリーモードの利用方法などの詳細は別のページにまとめていますので、そちらをご覧ください。

iPhoneが水没して電源が入らない

水没してしまったiPhoneを無理やり起動させようとはしないで、落ち着いて読んでください。仮に海水やプールなどに落としてしまったとするとiPhoneにはシステム的に電源が自動的に切れるようになっています。そのため、水没したiPhoneは電源が入らない状態になっています。これはショートなどの発生による致命的な損傷を防ぐためのセーフモードと言うこともできるかもしれません。

水没の場合の対処は非常に難しいので、セルフチェックできることがありません。どちらかと言えば絶対にやってはいけないこと、やっても効果のないことの列挙はできるのでまとめてみたいと思います。まだ電源が入る!という場合に、データ量もそれほど多くないし、バックアップ方法はわかる!という方や費用をかけたくない方はiTunesに繋いでみるのも手ですが、何よりデータが重要!という場合には以下の絶対にやってはいけないことを守っていただければと思います。

極端な話をすると水没してしまったiPhoneに関しては画面に何か表示されている時に電源が入っている場合には電源を落として、触らずに、ベストなデータ復旧業者へ持ち込むことがおすすめです。

iPhoneX以降は何も対処せずに、すぐに持ち込む

何も自分でネットで調べた情報を鵜呑みにして何かしら対処することはオススメしません。悪化したiPhoneXのデータ復旧は非常に困難を極めます。なぜiPhoneX以降に関しては難しいかと言うと基板(マザーボード)の構造や部品の細かさが他のiPhoneのモデルと異なるからです。

特に基板修理は難しいものの、サンドイッチのように2層構造のマザーボードなのでとても複雑で、データ復旧の難易度も格段に上がります。

充電ケーブルは絶対に挿さない

充電ケーブルをiPhoneに挿した瞬間にiPhoneの内部に電流が流れます。それによって、本体の中に汚れや異物があったらそこが焦げ付いたりすることにより、ショートしてしまいます。これによってiPhoneのマザーボードが壊れてしまうとデータ救出できる可能性が非常に低くなってしまいます。

関連:iPhoneが水没でショートした!?故障基盤の修理でデータ復旧

iTunesと繋がない

充電ケーブルを挿さないというのとほとんど同じですが、ライトニングコネクターを繋ぐことで電気が流れてしまい、これによってiPhoneが壊れてしまう可能性があります。

携帯キャリアショップ・アップルストアには持ち込み不可

これは上述事例と同じように、キャリアショップへの持ち込み、アップルストア、公式サービスプロバイダーへ持ち込むと基本的に初期化をした上で本体交換となります。そのため、写真や動画などのデータを取り出したいのであれば、携帯ショップに持ち込んではいけません。

お米と一緒にジップロックへ

水没してしまったiPhoneから水分を除去するために、お米と一緒にジップロックへ入れる行為は効果的ではありません。お米は水分を吸うのは確かなのですが、iPhoneの端末内部、筐体内の水を吸うことができるかと言うとそんなことはありません。そのため、お米と一緒にziplocに入れてiPhoneから水分を奪うことはできないですし、お米がもったいないのでやめてください。

関連:【プロ直伝】iPhone水没復旧!正しい対処でデータ復元率UP

iPhoneの寿命はバッテリーの寿命?

余談ですが、iPhoneの寿命はかんたんに言ってしまえば、バッテリーの寿命とだいたい同じです。iPhoneのリチウムイオン電池は3年程度で完全に劣化します。特にコンパクトなSEなどのモデルに関してはバッテリーも小型であることから容量が大きくはありません。そのことを踏まえて、充電可能回数が1000回程度なので、1年が365日あって、だいたい3年で電池がダメになってしまうという計算です。

もちろん人によって利用する方法は様々ですし、充電しながら利用する人もいれば、毎回バッテリーが空になってから充電してフル充電する人もいると思うので、あくまでも目安ですが3年程度使用したのであれば、iPhoneが壊れても当然の状態です。今後はバックアップを作成するか、バッテリーの劣化具合をこまめにチェックしてバッテリー交換を適切なタイミングでしてください。

iPhoneが突然壊れる時の原因は複雑

自然故障を含めて、出荷台数も含めて考えると5%程度だと考えられます。そもそも出荷された時点では1%程度です。この場合は基本的にAppleCareでほとんどの場合は保証されます。そのため購入してすぐに急に電源が入らなくなったりする場合は製品の初期不良です。1年以上利用して急に壊れた場合には何らかの要因が重なってしまったことが考えられますが、原因は追求しても答えがでません。

そのため、壊れたiPhoneからデータを取り出すことを考えると、信頼できるデータ復旧業者に持ち込むことがベストな選択だと思います。原因がほとんどわからない上に、対処方法の案がわからないので、できる限りの対処を行う必要があります。

iPhoneの動作が重い、フリーズしてしまう場合

フリーズが多発する状態はかなり危険な状態です。フリーズが多発するという状態に陥っていて、1日に1回程度のフリーズであれば、そこまで気にならないと思いますが、何度もフリーズしてしまう状態は原因が複雑に絡まり合っているので、もしかしたらデータ復旧できる可能性がありますが、システムが壊れてしまっていたらデータの救出は非常に難しいです。できる業者がいるとすると、Appleと提携している会社だけだと思います。

いずれにしてもiPhoneが正常に起動しているうちに自分でバックアップを作成されることをおすすめします。

空き容量1GB未満の時は注意が必要

iPhoneの空き容量が0に限りなく近い状態で、1GB未満の時には起動しなくなってしまう可能性があります。ストレージに空き容量がないことが原因でシステムが壊れてしまうことが原因です。これで壊れてしまった場合にはメーカーでの本体交換になる可能性が極めて高いです。システムが壊れてしまった時点でデータ復旧専門業者での取り扱いが非常に難しくなってしまいます。

iPhoneが突然死…シャットダウンしてしまった

まずはiPhoneが突然シャットダウンして起動しなくなってしまった場合に関してです。この症状の場合、バッテリーの劣化が原因でiPhoneが立ち上がることができなくなってしまっている可能性もありますが、突然のことであるとすると修理屋さんに相談をしたとしても原因の特定は困難を極めます。

電源が入らない状況からもデータ復旧業者に持ち込んだとしても、できる限りすべての原因を調査してから作業にあたる必要があります。そんなに重要なデータは入ってないので、費用もかけられない!自分でデータ復旧をしてみたい!という方はセルフチェックでかんたんに判別できるので、下記の方法を試してみてください。

純正の充電ケーブルを繋ぐ

一番簡単なチェック方法としては、充電ケーブル(ライトニングコネクター)を電源が入らなくなっているiPhoneに接続することです。これでiPhoneに何かしらの反応があれば、iPhone自体は正常に動作する可能性があります。場合によってはケーブルが劣化しているために充電が正常にできなくて、チャージされていない可能性があります。そのため、自宅にある他の充電ケーブルや知人のケーブルなどを借りる、もしくは新規購入することで試すことができます。

注意点①水没してたらショートする

もし仮に自分が見ていない環境でiPhoneが水没してしまった場合には電流が流れるとマザーボード(基板)がショートしてしまう可能性が高いので、注意してください。自覚があればショートして、基板上の重要なチップまで損傷してしまう可能性があります。

関連:

注意点②充電ケーブルの劣化

充電ケーブルを挿し込んでもiPhoneが反応しない場合には充電ケーブルが壊れている場合が稀にあります。充電ケーブル内部が断線していないかどうかを確認する必要があるので、他のiPhoneに接続してみて確認してみてください。もしくは他に充電ケーブルがあれば、それを試してみてください。

参考:iPhoneが突然死…シャットダウンし起動しない!バッテリー交換でデータ取り出し

注意点②携帯キャリアショップ・アップルストアには持ち込み不可

データを初期化して修理・交換サービスを提供するdocomoショップ、auショップ、ソフトバンクショップなどの契約先携帯ショップへの持ち込みをしてバッテリー交換を依頼するとiPhoneがリセットされてしまうので、バックアップがない状態でデータを取り出したい場合には利用を控えてください。また、アップルストアやアップル認定の公式サービスプロバイダー(カメラのキタムラ、クイックガレージなど)にバッテリー交換を依頼する場合も同様に初期化されてしまいます。

iPhone修理専門店へ持ち込むか自分でバッテリー交換

iPhoneのバッテリー交換で済むということがセルフチェックでわかったとしたら、街中のiPhone修理店へ持ち込む、もしくは自分でiPhoneのバッテリーを交換してみることをおすすめします。iPhoneのバッテリー交換はiPhone修理の中では基本中の基本です。そのため、よほどのことがない限り失敗することはないので、バッテリー交換は近所のiPhone修理屋さんに持ち込んで失敗することはないと思います。

または、もっと安く抑えたい、もしくは自分で一度は分解してみたかった!という場合にはこの機会に分解してみても良いかもしれません。Amazonや楽天で交換用のバッテリーの購入は可能なので、iPhoneのバッテリーの品質は販売業者によってまちまちなので、もちろん自己責任でお願いいたします。

iPhone修理専門店の方がおすすめできる理由としては、バッテリー交換の件数をそれなりに積んでいるので、バッテリーの検品をしていることと、バッテリーの質が高い業者から仕入れることができているので、失敗するリスクが低いということです。

iCloudに大切な写真はアップロードされてる?

iCloudはとても便利なツールで年々使いやすさが高まって来ています。ただ、iCloudの無料の容量範囲内だけでバックアップをしていると、実は全てのデータのバックアップはできていない可能性もあります。ただ、実はiCloudにバックアップがある場合がまれにあります。

iPhoneのデータ復旧サービスは金額にしたら安いものではありません。そのためご自身の身の回りにあるもの(パソコン、iCloudの設定、キャリアの契約)をまず調べられることをおすすめします。

iphoneを初期化したらデータ復旧できる方法はない

データが重要なら、絶対にやってはいけないことは「iPhoneの初期化」です。バックアップがiTunesやiCloudにない状態でファクトリーリセットをかけてしまったiPhoneからデータを復元できる方法はありません。また、iphoneを初期化した状態からデータ復旧できる業者は存在しません。そのため、データがどうしても大切で何としても取り出したい!という場合には初期化しないでください。

iPhoneをある程度利用したので、ヤフオクやメルカリで販売したい!という時には、iPhoneの初期化は必ず必要になってくるので、それ以外(自分の手元から離れる)の場合にのみ「iPhoneを消去」を実行してください。

電源が入らないiPhoneからのデータ取り出し方法まとめ

電源が入らない場合には、水没してしまった、アップデートに失敗してしまった、突然死んでしまったなどの症状がありますが、それぞれに対して初動の対応が異なります。いずれにしても大切なデータを復旧したい!という場合には中途半端な対応が最も悪手です。

データにそれほどの価値がない、と判断するのであれば、それはそれだと思います。結果として高くついてしまうと思われてしまうのであれば、データ復旧する側としても心から喜ぶことはできないと思います。

バックアップを作成しておくことは何かトラブルに巻き込まれた時に非常に有益です。データの保険のようなものです。それを自分でやるか、難しいからと言って先延ばししてしまうか、旅行先でバックアップができなかったという不運な場合もあるかもしれませんが、iTunesもしくはiCloudを使用したバックアップの作成をおすすめします。