読み込み中...

【Arrows編】壊れたスマホからデータ復旧!LINEや写真を救出する

【Arrows編】壊れたスマホからデータ復旧!LINEや写真を救出する

パソコンメーカーとしても馴染みのあるFujitsu(富士通)のスマホブランド「Arrows」。壊れづらいなど機能面に特徴のあるスマホを販売して日本国内で人気を博しています。そんなArrowsフォンも壊れてしまうことがあります。その場合にバックアップを取っていない!そんな時にどうすればいいのかをまとめてみました。

画面が真っ暗、電源が入ってなさそう、水没してしまった・・・様々な理由があるかと思いますが、このページを見ればどのような対応をするのが良いのかがわかると思います。

Arrowsのデータ復旧の方法と依頼先

Arrowsのデータ復旧をしようとする場合の選択肢としてはメーカー公式のデータ復旧サービス、データ復旧専門業者が挙げられます。ここで疑問と思うのはほとんどの方が契約しているdocomoショップ、auショップやソフトバンクショップが候補にあがっていないということです。




キャリアショップはデータ復旧サービスを提供していない

docomoショップ、auショップ、ソフトバンクショップ、Yモバイルショップに関しては基本的に交換修理を行なっています。

症状別Arrowsフォンのデータ復旧の難易度

アローズスマホの状態によって、データ復旧の難易度があります。症状によってどのような処置が必要かは異なってくるからです。ここが一番気になるところかと思いますので、それぞれまとめてみます。

反応はするが、液晶画面が真っ暗

充電ランプが点灯するが液晶に何も表示しない場合には、液晶交換をすることでデータを取り出すことが可能かもしれません。また、自宅に外付けモニターとケーブルがあれば、それらを利用して他の表示装置で操作をすることができる可能性があります。また、bluetoothに対応していれば、マウスを利用して接続することでタッチ切れが起きていても対応することができると思います。

マウスと外付けモニターで操作することで自分でデータを取り出すことができる可能性があります。

キャリアショップではデータ消去されてしまいますので、データのバックアップを取り出してから契約先のdocomo、au、ソフトバンクの各キャリアショップに行って、交換修理サービスを受けてリファビッシュ品に交換してもらってください。

誤ってデータ消去した

操作ミスで写真のデータを消去してしまった場合にはデータ復元ソフトの利用が有効である可能性があります。だいたいのソフトがまずは無料で使うことができるので、パソコンにインストールして、操作してみてください。ほとんどのデータ復元ソフトが同じようなレベルですので、どれがおすすめ等は特にはありません。

パソコンが自宅にない場合には街中のデータ復旧業者に依頼しても良いかもしれません。その際にはデータを誤って削除してしまったと伝えればスムーズだと思います。

Arrowsロゴがループする

Arrowsのロゴが何度も表示されてしまって、そのまま何も進めなくなってしまう場合には論理障害に分類されます。これに関してはソフトウェアトラブルなので、メーカー公式データ復旧サービスにまずは相談されることをおススメします。

電源が入らない、起動しない

電源が入らない、起動しない場合にはバッテリーが原因になっている場合もありますが、その場合には充電ケーブルに繋ぐことで状況がわかるかと思いますので、まずは自宅の充電ケーブルで試してみることをおススメします。それで何も反応しない場合には、取り出したいデータによって、メーカー公式もしくはデータ復旧専門業者に相談してください。

水没した・基板がショート

Arrowsスマホを落としてしまって水没させてしまった場合には物理障害に分類されます。そのため、これは分解してみないとわかりませんし、マザーボードも腐食している可能性が高いです。自分でデータを取り出すことは不可能な状況です。そのため、データを復旧するためには富士通公式サービスを利用するかそれ以外のデータ復旧専門サービスの利用をすることになります。

写真や動画などのデータが重要である場合には公式データ復旧サービスの利用がおすすめです。それ以外のLINEなどのデータに関してはデータ復旧専門業者に相談することをおすすめします。それぞれのメリット・デメリットは以下で紹介していますので、ご覧ください。



Arrowsスマホからのデータ復旧は難しいの?

Arrowsのスマートフォンに関しては日本国内でしか流通していません。そのため非常にデータの取り出しが難しいAndroidスマホに該当します。しかしながら、富士通がスマホのデータ復旧サービスを提供しているので、最終手段としてはここに依頼すれば復旧できる可能性が極めて高いです!

そういう意味でも、バックアップとかめんどくさい、そして、日本メーカーのブランドが良い!という場合にはFujitsuのArrowsシリーズはかなりおすすめできるスマホと言えます。

富士通のスマホデータ復旧のメリット・デメリット

スマートフォンのような歴史上ないくらいに小型化されたデバイスに関しては、これまでのパソコンやガラケー(パカパカケータイ)などと比較することができないくらいの精密さでできています。そして、小型化・薄型化することも極めて難しいですし、その端末が急に動かなくなってしまったり、水没してしまったりして壊れた状態からデータを取り出すのには、良質なパーツ、スマホの設計図などの正しい情報と技術が求められます。

ただし、メーカーのデータ復旧サービスにもメリットとデメリットがあります。

公式データ復旧サービスのメリット

メーカーにはその全てが揃っています。そのためArrowsのデータ復旧をする場合に富士通のメーカー公式にデータ復旧を依頼することがベストな解決方法です。
街中のデータ復旧業者や、ほとんどのスマホ修理屋さんが持ち合わせていないマザーボードを含めたコアな情報を持っているのはメーカーしかありません。
これはどのandroidスマホ、iPhoneであっても同じことが言えます。

また、個人情報の保護の観点からもセキュリティレベルの高い環境下でデータ復旧作業を行なっています。

公式データ復旧サービスのデメリット

デメリットとしては、料金が高いということです。ただ、メーカーの高いレベルのサービスを受けて、かなりの確度でデータを復旧することができる可能性があるのであれば、妥当な料金であると言えるので、富士通という会社が高いデータ復旧サービスを提供しているというようなネガティブな捉え方はしないで欲しいと思います。

そもそもで言うと大切なデータのバックアップができていない状態で壊れてしまっていることが問題なので、データのバックアップを取っていればお世話になることのないサービスなのです。それに対してメーカー公式でデータ取り出しサービスを提供しているのは、かなり誠実さを感じます。もちろん自然故障は困ったものなのですが、電子機器である以上には避けられないことだと考えられます。

対象機種・データの種類と注意点

富士通のメーカー公式のデータ復旧サービスが対応している範囲は以下の通りです。

対応機種:メーカーブランド製品 ARROWS M01、arrows M02/RM02/M03/M04
対象データ種別:画像、動画、音楽、電話帳データ、メモ帳データ

ここで注意が必要なのは、LINEや個別のアプリのデータ取り出しには対応していないということです。そのため、暗号通貨(暗号資産)アプリなど、どうしても本体として復旧が必要な場合にはメーカー公式のデータ復旧サービスは利用できないということです。

参考:富士通製スマートフォン データ復旧サービス

Arrowsのデータ復旧の料金(公式)

2019年8月現在での概算の料金ではありますが、11万円〜13万円(税別)ということを確認しました。そのため、最大でも13万円を支払えば、画像や動画などのデータは取得することが可能なのです。そのため40万などの請求をしようとする業者がいたとするとかなり足元を見ている可能性が高いので注意が必要です。

もちろん上記のデータ復旧にかかる費用はあくまでも参考として、ご自身のお持ちのモデルによって異なる可能性もございますので、直接お問い合わせされることを推奨します。

Arrowsのデータ復旧はSMARTFIXがおすすめ

Arrowsのデータ復旧をするならSMARTFIXがおすすめです。Androidのデータ復旧に力を入れているだけでなく、iPhoneやSurfaceなどのスマートデバイスのデータ復旧を成功報酬で行なっています。埼玉県警からの感謝状を受けるなど、公共機関からの実績もあります。チップからのデータ取り出しまで対応しています。

Arrowsのデータ復旧のまとめ

いかがでしたでしょうか。アローズスマホはデータ復旧のしやすさで言えば、他のandroidスマホよりは比較的ポジティブであることがわかっていただけたかと思います。メーカー公式のデータ復旧サービスがあるのはとても嬉しいことですが、LINEやゲームアプリなどそういったデータに関しては公式のデータ復旧サービスではなく、データ復旧専門サービスの利用が必要になることもご理解いただけたかと思います。

Arrowsユーザーの方の大切なデータの取り出しに協力できたら嬉しく思います。その際にはぜひFacebookやTwitterでシェアいただければ嬉しいと思います。