読み込み中...

<注意>サーフェスのSSD取り出しができるのはPro4まで!

出荷台数が年間100万台程度あるSurfaceですが、実際のところ、年々進化をしています。ただ、表向きにはあまり変わっていないのでその進化のほどは触ってみてソフトウェア的な改善や、UXという観点でのアップデートでしかわかることはないかと思います。タブレット型パソコンとして進化することでもちろん利便性が向上したり、熱を帯びるというトラブルが減って行ったりと良いことが多いですが、それによって本当に困った時に苦労する場合があります。

それはデータの取り出しが高難易度になるということです。実際に起動しなくなったサーフェスのデータをなんとかしたい!と思った時に液晶を外して、分解してSSDを取り出してデータ取り出しができるのはSurface Pro4までなんです。そして、今後販売されてゆくSSD搭載のパソコンで同様の問題は大きな問題となってゆく可能性が高いです。

Surface Pro4よりも新しいモデルからのデータ取り出しは難しい

Surface本体からSSDを取り出すことでデータが取り出せないモデルが出てきました。それがSurface Pro5やSurface Pro6というモデルです。これらのサーフェスのモデルはまだそこまで利用者が多くはないかもしれませんが、SSDがオンボードになったことで、マザーボードが損傷した場合にはその箇所の修理をしなくてはデータ復旧することができなくなってしまったのです。

パソコンを分解したことがあるといって油断禁物

パソコンを分解したことがあるからデータの取り出しなんて簡単なんじゃない?と思いがちですが、パソコンとSurfaceは全然別物です。
タブレット型の新しいパソコン、というかほとんどタブレットでwindowsが動くというようなものです。過去にSurface Pro3などの旧モデルを利用していたという方で、構造はわかっているから余裕!と思っていたら非常に苦労すると思います。なんとか安く済ませたいというように思ったりすると痛い目を見ることになってしまいます。

Surfaceに入っているのはHDDではなくて、SSD

そして、多くの方はご存知かとは思いますが、Surfaceやmacなどの薄型のPCにはHDDのような大きなディスクを入れることはできません。Surfaceの薄さを実現するためには、SSDという新しい規格の登場は必須だったということです。そして、多くの人は厚いよりは薄い、重いよりは軽いものを好むので、ほとんどの人が今後持つパソコンはSSDを搭載した、マザーボードにオンボードのSSDになってゆきます。

まずはやっぱり強制再起動を

もうすでに試されたかもしれませんが、やはりまずはサーフェスを強制再起動してください。
Surfaceが起動しなくなった、電源が入らない、画面が消える、画面が真っ暗になってしまってどうしようもなくなった。などなど、不安定になってしまって普段通りにサーフェスを利用できなくなった場合に真っ先にすべき対処方法です。

手順

①電源ボタンを30秒長押しします。
②ボリュームアップキーと電源ボタンを同時に15秒長押しします。
③ボタンから指を離してから10秒程度待ちます
④電源ボタンを再度押してください。

これらを行っても無反応、どうすることもできなさそうであれば、分解を自分でするか、データ復旧業者に依頼することになります。
参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を

Surface Pro4までは自力でデータ取り出しできるかも?

SurfacePro4まではSSDであるものの、マザーボードとは関係がないので、もしかしたら自分でデータ取り出しをすることができるかもしれません。実際に分解している動画がYoutubeに上がっているので、参考になさってはいかがでしょうか。もしかしたら基板に何も問題はなく、バッテリーか何かの端子が外れてしまっただけ、なんてこともあります。

お金をかけるほどの余裕はないし、チャレンジしてみたい!という方や知的好奇心を満たしたい!というデータよりも優先したいものがある方にはおすすめします!が、Repairs編集部では自力でのデータ取り出しは推奨しておりません。自己責任でご対応のほどよろしくお願いいたします。

また、公式のコミュニティでも自力でなんとかしたい!という方の質問が投げられています。保証期間をすぎてしまったら元も子もありませんが、、自力でデータを取り出すことは可能です。
参考:Suface pro3のSSDを取り出してデータを回収したい

まとめ

自分でやるかどうかは時間の余裕、データの重要性、費用面でどの程度かけられるのかということと、データ復旧業者に依頼することで発生する費用とのトレードオフです。データが重要であればあるほど自分でやるのは避けて、専門家にお願いすることをおすすめします。
Repairs編集部では自分で分解して、データを取り出す方法を、あらゆるデータ取り出し方法の手段をお知らせするという意味で情報提供させていただきましたが、Microsoftの公式サポートや保証を受けられなくなったとしても責任を取ることはできませんので、ご了承ください。