読み込み中...

ビデオカメラのデータ復旧・復元!撮影動画を消してしまった時の対処まとめ

ビデオカメラのデータ復旧・復元!撮影動画を消してしまった時の対処まとめ

今現在は、スマートフォン、デジタルカメラを所有している人が増え、ビデオカメラの役割をスマホ、デジカメで十分な方も増え、ビデオカメラを使用している方は、以前に比べ減少しているかもしれません。

ただ、子供の成長記録、行事、イベントの思い出、家族の思い出などなど、動画専用(写真としても併用可能)として記録しておけるビデオカメラは、思い出を見返す時に、時代や成長に合わせて、動画を見れますので使ってみると大変便利で、重要な記録アイテムとして愛用している方も多いと思います。

そんな、ビデオカメラですが、データが消えた、消してしまったという経験がある方も多いと思います。折角の思い出が消えてしまうのはショックですよね。そんな、データを消してしまった方の為にデータの復旧方法、対処法をご案内します。


ビデオカメラのデータの保存場所

ビデオカメラで動画や写真を撮影して保存する時、基本的には撮影を終了すると勝手にデータとして保存されています。ただ、その保存先が2つに分けられます。ビデオカメラ本体かSDカード、メモリーカードなどの外部メモリのどちらかに保存されます。外部メモリは、ご自身で購入してビデオカメラのセットすることで保存する事が可能となります。

ビデオカメラ本体への保存をしている方も多いと思いますが、本体の記録出来る容量は機種によりますが、大容量の物は少ない為、SD・メモリーカードを別途購入してそちらに保存されている方がほとんどだと思います。

ビデオカメラ本体のHDD、DVDに保存されている、外部メモリに保存されているといった様に、設定によって保存先が変わりますので、「データが無い」という困った状態の時は、本体、外部メモリのどちらかに保存されていないか確認する事も必要です。

参考記事:ビデオカメラのデータ保存方法はどうする?データは取り出しできる?


データが消えてしまう事例

ビデオカメラに保存していたデータが消えてしまった場合は、以下の内容に心当たりがあると思います。

・間違えて消してしまった

・子供が操作していたら消えていた

といった様に、操作ミスによるデータを消してしまったというケースが多いと思います。

・何もしていないのに消えていた

・さっきまであったのに無くなっていた

といった様に、何かをした訳では無いのにデータが消えていたという場合もあると思います。

何れにしても、大切なデータがビデオカメラで確認できない状況となると、焦ってしまうと思います。データが消えたり、確認出来ない状態となると、焦りから色々と操作してしまう事も多いと思います。この様な状態の時の対処でデータが復旧できるかどうかと、費用も変わって来る可能性がありますので、まずは「何もせず」「電源を切り」冷静になってから、下記をご覧になってください。


データを消してしまった、消えた時の対処法

ビデオカメラのデータを記録している構造として、基本的には誤ってデータを消去してしまった場合には、データはまだ残っています。簡単に説明すると、データ①を操作ミスなどにより自分の手で大切なデータを消してしまったとします。この状態の時は、ビデオカメラ上ではデータ①が確認出来なくなってしまいますが、データが完全に消去されている訳ではありません

では、どの様な状況でデータが完全に削除されるでしょうか?それは、新たにデータを保存した時です。ですので、誤ってデータを削除してしまった時には、データの上書きは厳禁です。新たに写真を撮る、動画を撮ってしまうと、誤って消してしまったデータは実際にはまだデータが残っている状態ですが、その上にデータが上書きされます

データの上書きは完全削除となりますので、この作業をしてしまった場合には、データの復旧は困難、またはデータ復旧が不可能となってしまいます。また、何もしていないのにデータが消えてしまった場合にも、データの上書きは厳禁となりますが、原因不明の症状の場合にはデータの破損、メモリーの破損などその他原因も考えられますので、重度の症状の可能性もあります。


ハンディキャムのデータ復旧方法

ビデオカメラのデータを消してしまった、消えたという症状は市販のデータ復旧ソフトで復旧する可能性が十分にあります。インターネットで「データ復旧ソフト」と調べると無数のソフトが出てきますが、まずは無料版でデータ復元が可能かどうか確かめてからの復旧が良いと思います。また、復旧ソフトによって、復旧が出来るかどうか変わる事もありますので、何個か試してみる事も良いと思いますが、有料版のソフトの場合には、復旧が出来なかった場合には費用がそれなりにかかってしまう可能性があります。または、復旧が出来ず、様々な操作をして試している内に、知らず知らずのうちにデータを損傷してしまっている可能性もありますので、不安な場合には、データ復旧業者に依頼する事も検討すると良いと思います。


ビデオカメラのデータ復旧手順まとめ

①データが消えた、消してしまった

②電源off、基本的には何もしない

③再度撮影を試みるなど、データの上書き行為は絶対禁止

④データ復旧ソフトを試すorデータ復旧業者に依頼


まとめ

ビデオカメラのデータを誤って消してしまった場合には、基本的にはデータが完全に消えている訳ではありませんので、データ復旧に期待が持てます。ただし、データを消失してしまった後の行動によって、データ復旧が不可能となる場合がありますので、データを消してしまった際には、冷静にミスのない対処が必要です。

また、データ復旧ソフトにてデータの復元が症状によっては可能ですが、度重なる操作によってデータを完全消去してしまう、有料復旧ソフトの場合には費用が高額となってしまうケースもありますので、データの重要性、データが消えた経緯を考慮して、復旧ソフトを試すか、データ復旧業者に依頼するかを要検討する必要があります。また、データ復元業者によって費用が異なりますので、復旧実績や対応内容など、十分に確認し信頼できる所を探すのが何よりも重要です。

1 8