読み込み中...

Xperiaが水没!?まさかの故障!データ救出・取り出し方法

Xperiaが水没!?まさかの故障!データ救出・取り出し方法

防水機能のあるXperiaですが、それでも水に触れたり、落としてしまってどこかが欠けてしまっていたら、水没してしまいます。様々な大切なデータを保存しているスマホですが、まさかのトラブルでデータを失ってしまったという経験がある方もいると思います。

精密機器ですので、大切に使用していても、突然起動しなくなった、再起動ループとなってしまう事は起き得る事です。お悩みの理由は様々だとは思いますが、Xperiaが故障してしまって保存されたデータを復旧、救出したい方のために、Xperiaのデータの復旧方法をご紹介します。




起動しなくなった症状は?

Xperiaが起動しなくなってしまう症状には、思い当たる原因がある場合と、無い場合があります。落下、ぶつけるなど強い衝撃を与えてしまった原因から、水没、または、特に何もしていないのに起動しなくなった、起動画面からループ、フリーズなど症状は様々です。ご自身の症状から修理先、修理方法を考えましょう。

強い衝撃が原因の場合

落下やぶつけてしまった事により、起動しなくなる場合があります。

画面、液晶部分に損傷がある場合には、単にディスプレイが損傷していて、その場合にはディスプレイ交換で復旧が可能な場合が多いです。画面損傷による原因との見極め方法としては電源のon,offが確認出来るかどうかです。

ディスプレイ原因以外にも共通するのですが、画面に何も映らないものの起動はしている可能性があります。見極め方法は、電源のon,offで本体がバイブレーションするかどうかです。または、電源が入っている場合には、電源ボタンと音量+キーを長押しすると強制再起動となり、正常であればバイブレーションが動きますので、本体が生きているかどうかの確認が出来ます。

バイブレーションの動きにより本体が動いているかどうかの確認が出来ますが、画面に何も映し出されない以上、実際にデータがあるのか、その他の機能が動いているのかなど、実際には明確な判断は出来ませんが、本体が生きている事が確認出来ると、少し安心します。

水没が原因の場合

Xperiaには、防水、防塵機能が搭載されていますが、必ずしも防水性能が保証される訳ではありません。新品の時であれば良いと思いますが、長年使用していると、落とす、踏むなどの様々な衝撃が加わる事や、機能の劣化がありますので防水性能を信じきる事は危険でもあります。

また、画面、背面パネルの割れ、フレームの歪み、割れなどにより、スマホ内部に浸水してしまう可能性がありますので、注意が必要です。また、水没による故障は、内部への浸水から基盤への影響がありますので、必ずしもデータ復旧が出来るとは言い切れない状態となります。

参考記事:油断禁物!iPhone/Xperia/Galaxyの防水・防塵性能は不完全

水没してしまった時の対処法

防水性能を搭載するXperiaですが、水没してしまう可能性はあります。水没してしまった可能性がある場合には、電源の投入、充電するという行為は、状態を悪化させてしまいますので厳禁です。

スマホ内部に浸水の可能性がある場合には、浸水した液体が内部で広がる危険性があり、基盤に浸水が及ぶと基盤がショートしてしまう可能性があります。また、内部の浸水を完全に除去するには、分解する必要があり、自分でも分解は可能ですが、分解の途中にその他部分に損傷を与えてしまう可能性があり、ご自身の手で完全に壊してしまう可能性がありますので、オススメではありません。

水没してから正常に使用可能な場合がありますが、内部に浸水している可能性があり、使用している最中に浸水を広げてしまう危険性があり、壊れてしまう可能性があります。起動させる事自体がおすすめではありませんが、正常に起動している場合には、データのバックアップを最優先に取る事が重要です。

海水、ジュースなどによる水没

海で水没させてしまったり、ジュースをこぼしてしまった場合などは、内部への浸水で故障してしむことは勿論ですが、更に海水、ジュースなどで汚れた部分が腐食し、修理が困難となる可能性があります。

水などの場合には、綺麗に水分を除去する事ができ、乾燥すると通常通り使用可能な場合がありますが、海水、ジュースなどの場合には、濡れた部分が腐食し、サビ、汚れにより復旧が不可能となる可能性もあります。完全に海水没してしまった場合には、精製水または綺麗な水の中で保管した方が良い場合があります。

ジップロックなどの容器に、綺麗な水を入れその中にXperiaをドボンと保管しておく事で、海水、ジュースなどに含まれる成分(ミネラルや糖分など)が固着、乾燥し腐食から守る事が出来ますので、復旧の可能性が高くなる場合があります。ただし、注意点があります。

絶対に電源を入れないでください

通常の水没の場合でも同じですが、端末内部に浸水し基盤がショートする事で、Xperiaは起動しなくなります。その基盤が故障する原因は、内部への浸水+電流が流れる事です。

本来であれば、バッテリーを取り外す事と充電しない事でスマホ本体に電流が流れることは無くなりますので、重要な対処方法となりますが、現状のXperiaはバッテリーを取り外す事自体が困難です。ただ、ご自身でバッテリーを取り外せる場合には取り外しておきたいところです。(バッテリーの取り外し過程で、基盤を損傷させる、その他部分を破損してしまう危険性もありますのでオススメではありません。)

また、電源は確実に切っていても、電源ボタンを知らずのうちに押してしまう可能性がありますので注意が必要です。




水没してしまったら・・・

①電源が入っている場合には、直ぐに電源を落とす

②水没した液体が今後腐食してしまう可能性がある場合には、綺麗な水の中での保存も検討する

③可能なかぎり絶対に電源が入らない状態にする

④出来るだけ早く、修理業者に相談、持ち込みましょう。

前述の通り、水没の故障の原因は、電源が入っていて電流が流れている基盤、パーツが濡れる事で故障します。素早い対処で、修理業者のクリーニング作業のみで復旧が可能な場合もあります。

電源を入れたり、充電する、または普通に使えていた為にそのまま使用していると、基盤のショートに繋がります。基盤のショートは故障箇所によっては修理が不可能となることもありますし、データチップが破損している場合には、どうすることも出来ません。

何よりも重要なことは、日々データのバックアップを取る事と、故障時に奇跡的に通常に動いていてくれている場合には、直ぐにデータのバックアップを取りましょう。

関連記事:Xperiaバックアップ・データ復元方法まとめ


突然起動しなくなった場合(症状別解決)

突然起動しなくなった、起動画面から進まなくなったという症状の場合には、様々な要因が考えられます。

・バッテリーの劣化・不良

軽傷の症状としては、バッテリーの劣化・不良が考えられます。バッテリーの劣化・不良の場合にはバッテリーを交換する事で改善する可能性があります。

・ソフトウェア異常

wifiの環境が不安定な場合などに起こる、ソフトウェアの更新が適切に処理出来ていない場合や、様々なアプリの誤作動により不具合が起きている可能性があります。この症状の場合には、ソフトウェア更新をする事で改善する可能性があります。ただ、アプリが原因の場合には再発する可能性があります。

ソフトウェア更新をするには、PC companionで対応する事が可能です。この処理にはパソコンが必要となります。

・水没

水没により基盤が故障している可能性があります。

・基盤の劣化・故障

長年Xperiaを使用している、度重なる衝撃など、日々Xperiaを使用していると劣化が原因となる可能性があります。基盤に無数に搭載されているチップが劣化することにより、正常に基盤が動かなくなり、起動しない、起動途中で止まってしまう可能性があります。

または、水没と同様に、防水、防塵機能を有するXperiaですが、長年使用していると防水・防塵機能が劣化し内部への浸水、埃などの汚れが侵入し基盤に影響を与える可能性があります。

基板故障の場合

原因が劣化、故障などによる基盤原因の場合には、復旧が困難な症状となります。基盤には無数のチップが搭載されていますので、確実な原因判明が難しく、損傷、故障の箇所によっては現状修理が出来ない事がほとんどです。修理業者に修理を依頼し、基盤のショート、基盤故障の原因により修理不可の判断となるのは、こちらの症状となります。

ただし、水没修理の技術もそうですが、一つ目の修理業者で復旧が不可能だった水没端末も、諦めきれず次の業者に依頼したら復旧した事もあるそうなので、修理の依頼先が重要となります。

または、Android端末の場合には、基盤上のデータチップが破損されていない限りは、データチップから直接データを取り出せる業者もあるようです。ただ、データチップに記録されているデータは暗号化されている為、ファイル化されたデータのみの救出となるようですので、写真、動画、連絡先のみとなります。

関連記事:みんな知らない!スマートフォンの基板とその修理の秘密


データバックアップの重要性

起動しない、水没、基盤故障が原因となる故障の修理には、高度な技術が必要となる為、費用も高額となります。また、このような症状の時に、どうしても修理が必要な方は「データのバックアップを取っていない」事が共通となります。データのバックアップさえあれば、気苦労する事もありませんし、データが取り戻せなかった場合には多大なショックを受ける事もありません。

また、状態によっては必ずしも全てのデータを取り出せる訳ではありません。課金したアプリゲーム、Lineなど、アプリに関してはアプリ内でバックアップを取っておくことも必要となります。

データのバックアップが無い場合には、ご自身のXperiaの症状が軽度なのか重度なのかを確認し、信頼できる修理業者を探す事が一番の解決策へと繋がります。

参考記事:Xperia 起動しない場合、本体復旧?それともデータ復旧?


Xperiaのデータ復旧ならSMARTFIX

【PR】日本橋(東京)でXperia修理サービスを展開しているSMARTFIXをオススメします。
Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっているなど、デバイス修理する環境に関しても配慮しているサービスです。スマートフォンの修理で培った修理技術を他に転用し、Surfaceの画面割れだけでなく、データ復旧サービス等幅広く行っています。

SMARTFIX Xperiaのデータ復旧サービス紹介ページ:詳細はこちら

店舗案内

SMARTFIX日本橋
営業時間:平日10:00~19:30
電話番号:050-1467-1977
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2−1 新商日本橋ビル5F

まとめ

大切なデータが保管されているスマートフォンですので、水没などの場合には適切な対処が必要ですし、まさかのトラブルからデータを守る為にも、データのバッアップを定期的に取っておく事が重要となります。

また、基盤故障の場合には、高度な修理技術が必要な上に、必ずしも成功する修理ではありませんので、修理技術が高く、信頼できる修理業者を探す事が重要ですし、今後の修理技術の発展・成長を期待しています。