読み込み中...

iPhoneを初期化!データ復元はバックアップなしでも業者は可能?

iPhoneを初期化!データ復元はバックアップなしでも業者は可能?

iPhoneを操作していたら、初期化してしまった。今まで撮りためてきた写真、思い出が全てなくなってしまう・・・なんて絶望に打ちひしがれるのは間違いないです。そのような場合でもデータが取り出せる可能性があるので、まとめてみました。無料ソフトウェア等は特に必要はありません。初期化してしまったiphoneのデータ復元はバックアップなしでデータ復旧業者ができるのかまとめました。



iPhoneを初期化したらデータは残る?

iPhoneの設定画面から「すべてのコンテンツと設定を消去」してしまうと、完全に初期化されてしまうので、注意が必要です。初期化を行う場合には完全に使用することがなくなり、自分の手元から他の人にデバイスが渡るとき、すなわちiPhoneの買取に出すときや友人にプレゼントするときだけにしなければなりません。むしろiPhoneを下取りに出す際には完全に初期化する必要があります。
iphone 間違えて初期化してしまった!と思っていても実は「すべての設定をリセット」を行っただけの可能性もあります。

iPhoneの「すべての設定をリセット」してもデータはそのまま

iPhoneの設定画面から「すべての設定をリセット」を行っただけだと写真、動画やアプリのデータはそのままま残っています。初期化したはずなのにデータが消えていない場合があるとしたら、「すべてのコンテンツと設定を消去」を行っていないときです。十分に注意して「初期化の作業」を行ってください。

iPhoneを初期化したらデータ復旧業者では対応不可

結論から申し上げると、iPhoneをもし仮に初期化してしまったら、iPhoneのデータ復旧サービスを提供している事業者に行っても対応してもらえることはありません。工場出荷状態(ファクトリーリセット)になったiPhoneをデータ復元できる業者は存在しません。街中のiPhone修理屋さんに持ち込んで依頼しても、悪質な修理業者であれば手付金だけを支払わせることも無きにしも非ずなので、十分に注意してください。

そのため初期化してしまったらこれまで、データをどこかにバックアップを作成していないかを確認し、そのバックアップデータから初期化してしまったiPhoneに復元する必要があります。

PCを持ってる人はiTunesにデータがあるかも

最後にiTunesにバックアップを取得した日付までのデータがパソコンを持っている方の場合にはもしかしたら残っているかもしれません。その際に注意しなければならないのは、データをバックアップした際に「暗号化あり」で作成している場合にはパスワードを覚えている必要があるということです。

バックアップを暗号化した場合の注意点

これに関してもメモ書きがあればそのメモ書きのデータを含めて確認をして、まずはiTunesに初期化してしまったiPhoneを繋いでみてください。その際にパスワードをiTunesに求められるとバックアップを暗号化していたということになります。暗号化したパスワードは何回間違えても問題がない、というのが最大のメリットです。iPhoneを起動した際に入力するパスコードは複数回間違えてしまうと永遠に開くことができなくなってしまいますが、iTunesバックアップのパスワードはこれまでに使用してきたパスワードと同じか似たものだと推測されます。

関連:iTunesバックアップの暗号化した方がいい?あり・なしの違い
さて、iPhoneの写真を復元するのに、バックアップなし、パソコンなしという状態の時はどのようになるのでしょうか。

iCloudにバックアップがあるかも

パソコンがないけど、過去にiCloudにバックアップデータを作成したという方であっても、もしかしたら、初期化したiPhoneにもデータを取り戻すことができるかもしれません。5GBまでは無料なので、大切なデータだけを実はバックアップしていたなんてことはあり得ます。iCloudを確認してみてください。

キャリア提供のデータお預かりサービス

docomo、au、ソフトバンクのキャリアにて契約している方はdocomoに関してはサービスを提供してないですが、auに関しては容量制限はあるものの写真や連絡先のデータを預かってくれている場合があります。また、ソフトバンクに関しては連絡先のデータを預かってくれている可能性があります。


iPhoneを初期化する前にバックアップデータが必須

初期化したiPhoneそのものからは何もデータを復元することはできません。そのためバックアップデータをiTunes、iCloudなどを含めて確認をして、データを取り戻してください。また、キャリアのデータお預かりサービスにあるデータが全てです。初期化してしまうとあらゆるデータが消去されるので、中古で販売するなんて時には便利ですが、日常生活で誤って初期化してしまった時は悲惨ですね。

バックアップなしの機種変更はNG

お使いのiPhoneを3年ほど使用したら、機種変更もしくはバッテリー交換のタイミングです。このタイミングでバックアップをするのがおすすめです。バックアップなしで機種変更を行うと、端末交換になる可能性があるので、最悪の場合初期化されてしまうでしょう。必ず事前にiPhoneのバックアップの作成をiTunesもしくはiCloudにて行ってください。

バックアップなしのiOSのアップデートは危険

iOSのアップデートは定期的にやってきます。その際にもバックアップをしないでアップデートを行って、正しくアップデートが行われないケースがあり得ます。絶対にiPhoneのバックアップを作成した方がデータ紛失のリスクがなく間違いありません。

データのバックアップがない場合

残念ながら初期化してしまったiPhoneからバックアップなしにデータを取得すること、復元そのものは不可能です。理由としてはAppleが個人情報に関して高度なプライバシーレベルを設定しているためです。裏を返せばかなりの個人情報を漏らすことなく、管理することができるということですが、、誤って初期化することはiPhoneを使う上でもっとも避けるべきミスです。

iphone データ復元 ソフト

iPhoneのデータ復元ソフトが使えるかどうかはとても気になるところだと思います。なぜならば、検索結果にたくさんのフリーソフトのサイトがまとまっているので、ソフトが使えるのでは?というように思わされますが、フリーソフト、有料ソフトを含めてもデータ復元をすることはできません。一般に検索等で確認できるソフトウェアで最も優れているのは、iPhoneにとっての唯一のソフトと言えるiTunesです。
フリーソフトを使うことでデータ復元ができていたのは、古いiPhoneのモデルだけと言っても過言ではありません。


まとめ

データの復旧は水没や電源が入らないトラブルと違って、初期化の場合にはすることができません。そして、データはiTunes、iCloud、契約先のキャリアのどこかにしか存在しません。また、データバックアップ作成後までのデータまでしか復元することはできません。つい最近連絡先を交換した、ハネムーンで撮影した写真が・・・なんて時には初期化した場合には誰も取り出すことはできませんので、日頃からこまめにデータのバックアップの作成をされることをお勧めします。

iPhoneを紛失したけどデータ復元したい!バックアップなしの場合

iPhoneを紛失もしくは盗難されてしまった場合ですが、大変残念ながらデータを復元することはできません。バックアップがiTunesもしくはiCloudにあればデータの復元をバックアップを元に行うことができますが、物理的に紛失したiPhoneにバックアップがなければデータ復元はできません。