読み込み中...

壊れたandroidスマホからデータ取り出し・救出方法

壊れたandroidスマホからデータ取り出し・救出方法

スマートフォンを水没させてしまった、もしくは、原因はわからないけれど、今朝まで動いていたのに急に電源が入らない、もしくは画面が真っ暗になってしまったというときに、「スマホ 修理」で検索してしまうと、データが取り出せる業者を見つけられない可能性が高いです。このページでは壊れてしまったAndroidスマホから何とかデータを取り出し、写真などの大切なものを救出する方法をご紹介します。

アンドロイドスマホから写真、メモ帳、アドレス帳など重要なデータを取り出したいという方が優良なデータ復旧業者に出会えることをサポートできればと思い情報をまとめました。



そもそもスマートフォンって何なの?意外と理解されていない事実

スマートフォンは大きくわけて、iPhoneかそれ以外のAndroidOSで動く各メーカーのスマホに分けられます。特にアンドロイドを利用している方は携帯と呼んでいたものをスマホもしくはスマフォと呼ぶようになっています。でも、いざスマホが動かなくなってどうしようもなくなったときに、スマホがこれまでの携帯と違うと言われても、分かりづらいかもしれませんが、正しく理解することで、今後のためにもなる可能性もあるので、読み進めていただければ嬉しく思います。

ガラケーとスマホは全然別物!

いずれにしてもガラケーからスマホに変わったことで、すべてがガラリと変わりました。ガラケーは固定電話やポケベル、PHSなどの延長線上にありますが、スマートフォンに関しては同じく携帯する電話であるものには変わりはないように思えますが、全然違う別物です。

どちらかと言えば、スマホは電話ではなく、コンパクトなパソコンです。ノートパソコンを手のひらサイズにしたということだと考えてもらえればわかりやすいと思います。ガラケーでもアプリやインターネットを楽しめましたが、ブラウザの性能や動画の再生などのクオリティを考えると、ガラケーはスマホに遠く及ばないですよね。

ただし、パソコンとスマホもまた別物

わかりやすく説明するためにパソコンをコンパクトにしたものがスマートフォンだとお伝えしましたが、パソコンとスマホもまた仕組みが異なります。パソコンの多くはHDDというディスクにデータを書き込んでいることがほとんどです。最近ではSSDに移行しつつありますが、まだまだHDDを利用したパソコンが多数です。

スマートフォンにはHDDはない

HDDの内部構造
スマートフォンにはHDDのようなディスクはありません。もしディスクが入ったとしたら、あんなにコンパクトな携帯電話を作ることはできません。逆にいうとデータとして保存できるスペースをなんとか確保しているというように言うこともできます。そのため、パソコンのデータ復旧業者として歴史が長いことはスマホやiPhoneのデータ復旧サービスのクオリティとは関係がありません。

さて、スマホとPCがどのように違うかということは理解していただけたと思いますが、スマートフォンも色々種類があるので、その違いについて説明するのにあたって、OSというものの存在を認識する必要があります。なんとなくでも良いので読んでいただければと思います。

スマホのOSって何?

スマホのOSはiPhoneのiOSとXperia、Galaxy、AQUOSなどのAndroidスマホのAndroidOSがあります。OSはオペレーティング・システム(Operating System)の略です。横文字だらけでわかりづらいですよね・・・。

このあたりはOSというものが普段ゲームをしたり、LINEをしたりするのに、必ず必要になっている仕組みだと理解してもらえれば問題ないと思います。裏方や黒子のような存在です。ただし、このOSが壊れてしまうことでスマホが動かなくなることがあるので、そのあたりも注意が必要です。

OSというものがあるから動く、人間でいえば神経伝達のネットワークや細胞とでも言えるかもしれません。

iPhoneとAndroidもまたそれぞれ違う

OSが違えば、規格もそれぞれ独自なものになっています。最近では移行は比較的しやすくなってきたものの、それぞれのスマホで動くアプリ(LINEなど)によって、作られ方も違うので、引き継ぐのが厄介だったりもします。そのため一度iPhoneにしたら、そのまま新しいiPhoneに移行し続ける必要があります。無論、Androidにしてもソフトウェアのアップデートがあるので、アップデートの限界が来る前か、その頃には新しいスマホに買い替えるのが理想的ではあります。

関連:iOS/Androidのバージョンアップの限界はあるの?

さらにメーカーによって同じandroidでもカメラアプリが違ったり、ソフト面での性能もやや異なります。

Androidスマホのデータ復旧方法まとめ

メーカーはもちろん、モデルごとにデータ取り出し方法は異なります。そのため、ここではメーカーごとの対応として最適なものをご紹介します。詳細はそれぞれの参考ページをご覧ください。

SONY Xperiaスマホ・タブレットの場合

Xperiaの場合のデータ復旧はメーカー公式のサポートがありませんので、データを取り出したい場合にはデータ復旧専門業者に依頼する必要があります。また、ヨーロッパで販売されて逆輸入で日本に入ってきたものの、世界中で流通しているわけではないこともあり、データ復旧の難易度は極めて高い部類に入ります。エクスペリアは完全防水を強みに人気を博しましたが、日常の利用に伴う経年劣化で水没してしまうことはあります。スマートフォンの防水性能は完璧ではないのが実情です。

特に起動しようとしても、ロゴループを繰り返してしまう場合のデータ取り出しはかなり難易度が高い状況です。

参考:Xperia 起動しないでループを繰り返す…データ復旧できるの?

SHARP AQUOSフォンの場合

AQUOS(SHARP)のスマホの場合には日本国内でパーツの流通がありません。そのため物理障害のデータ取り出しを行う場合には中古のaquosフォンを購入して、マザーボードだけを乗り換えるかどうかしてデータを救出することができます。SHARPはデータ取り出しサービスを直接提供してないことからもデータ復旧専門業者に依頼する必要があります。
参考:AQUOS(SHARP)スマホのデータ復旧!大切な写真などを復元する方法

Fujitsu Arrowsフォンの場合

Arrowsのスマホに関してはメーカー公式がデータ復旧サービスを提供しています。こちらは取り出せるデータが写真や動画、メモ帳のみなどと限定的ではありますが、公式のデータ復旧サービスがあるので、まずは問い合わせてみるのをおすすめします。LINEや特定のアプリのデータを取り出したい!という場合には専門のデータ復旧業者に依頼する必要がありますが、日本のメーカーの中ではもっともデータのバックアップのない状況をサポートしてくれるメーカーと言えます。
参考:【Arrows編】壊れたスマホからデータ復旧!LINEや写真を救出する

Galaxyスマホの場合

日本国内でのシェアは非常に少ないですが、世界でみるとサムスンのgalaxyのシェアは非常に高いです。格安なモデルからハイエンドモデルや折りたためるスマホなど幅広く販売していることが人気の秘訣かと思います。そのため、アンドロイドスマホの中ではデータ復旧がしやすいモデルと言えます。

世界で流通している総数が多ければ、それらのトラブルも多く、マザーボード修理や同じようなソフトウェアトラブルを解決した事例もあります。そのため、データ復旧がしやすいのです。長いものには巻かれろという諺がありますが、Apple製のiPhoneやsamsung製のgalaxyなどの世界でシェアがあるメーカーのスマートフォンの利用をすることは困った時には助けられるという意味でも、ユーザー数の多いメーカー製のものを使っている方の方が利便性を享受できる可能性は高いです。

参考:Galaxyのデータ復旧!電源が入らない、水没した場合

各メーカーごとのスマホの構造の違いは重要ではありません

ここまで解説してきたように、アイフォンとAndroidスマホで使っているOS(ソフトウェア)が違うということはご理解いただけたかと思います。ただし、それぞれのデバイスはソフトが違うだけでなく、スマホ本体の構造も、マザーボードの仕様も違います。

Galaxyだとこう、Xperiaだとこう、Nexusだと・・・なんて違いももちろんあるのですが、スマホの内部構造の違いを正しく理解したところで、故障に至るまでのプロセスはそれぞれ異なるので、あまり意味がありません。もちろん、それぞれのメーカーによって最適な対処方法はこちなりますので、それぞれのメーカーごとのベストプラクティスとして対応方法をそれぞれ解説いたします。

ただし、スマートフォンがどのように進歩しているかを理解することはとても役立ちますので、まずはご覧ください。

毎年スマホのバージョンはアップしている

ざっくりとした説明をすると年々モデルチェンジがあるスマホですが、それを実現するためにはチップやマザーボードの構造の改善がなければ実現することはできません。複雑さが増していることと、OSのバージョンアップによってソフトウェア的な側面でのデータ取り出しの難易度が変わってきたりもします。

そのため、誤解を恐れずに言えば、年々iPhoneやスマホのデータの復旧の難易度は高まってきています。それにともなって、技術者の育成コスト、設備投資のコストが上昇し、データ取り出しの価格も上昇傾向にあるという状況です。

そのような背景があっても、壊れたスマホ、動かなくなったスマホから、どうしても取り出したい情報がある場合には、データ復旧サービスを利用するしかありません。修理するということ、端末として引き続き使えたら誰もが嬉しいですが、データが重要でない場合にはスマホからのデータの取り出しは諦めて、新しいスマホに買い替えた方がスムーズです。



実はiPhoneのデータ復旧業者はけっこうあるんです

iPhoneのユーザーは世界でも日本は非常に多く、人口密度と利用台数で考えると世界トップクラスです。どうしてこんなに多くの人が利用しているの?と疑問に思う人がいるかと思いますが、それに比例して、データ取り出し業者もiPhoneは非常に多くあります。

iPhoneもスマホですが、Androidは別物ですので、iPhoneに関してはまた別のページでiPhoneのデータ復旧業者の選び方をまとめています。

スマホのデータの取り出し業者をご紹介する前に、スマホが動かなくなった際にまずすべきことをまとめます。

データ復旧依頼前にまず確認したいこと

もしかしたら、バックアップを作成しているかも?という方はバックアップの有無をまずは確認することをおすすめします。バックアップから復元をすることができれば、それが一番費用を抑えることができます。バックアップ方法はメーカーごとに異なりますし、契約しているキャリアにもよって異なります。

Xperiaのデータのバックアップと復元方法に関しては別のページで詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

関連:【機種変更】Xperiaのデータバックアップとデータ復元方法

スマホのデータ取り出しって何をするの

スマホのデータの取り出しは、画面に何も表示されない、水没して通電しなくなって、起動しないなど、正常に動作しなくなってしまったスマートフォンを一時的に起動できるようにして、取り出したいデータを取り出すサービスです。

起動しないスマホではそもそも何が原因かわからない

スマホが起動しない場合においては、何が原因でそのようになっているかは分解するまでわかりません。まさに画面に何もエラーも表示されないブラックボックスと化したデバイスには分解してみないことには何も始まらないのです。

ただ、それだけではよくわからないし、納得が得られないというのも事実だと思うので、具体的な事例を2つご紹介します。

朝になったら急に画面が真っ暗

例えば、ある朝に急に起動しなくなったという方とお話をいたしました。過去に接客をしていた時のことですが、充電器を外したら、落ちるようになってしまって、そのまま起動しなくなったという場合です。

このようなスマホのトラブルの場合には、①2年以上使っていることによって、電池の残量が起動するのに十分な量がない②その直前にwifi環境下にあってソフトウェア・アップデートがかかってしまったという2つの場合に分けられます。

ただ、充電がきっかけなので、電池周りを疑いたくなるのですが、直前までのスマホの挙動を見ていたわけではなければ、断定することはできないのです。

バイブは反応する!だけどスマホの画面が真っ暗、どうすれば直る?

スマートフォンの画面が真っ暗になっているけれど、電源ボタンを押すとバイブレーターが反応はします!という場合ももちろんあります。その場合には、もしかしたら画面交換で直るかもしれませんが、必ず液晶パネルを交換しても改善するかどうかは一概には言うことができません。

スマホが急に立ち上がらなくなった場合、大きくわけて4つの原因が疑わしいことになります。

・液晶パネルの故障
・電池の劣化
・基板のトラブル
・ソフトウェアのトラブル

スマホの修理屋さんは上記の4つの障害を切り分けて、パーツを交換して判断してゆきます。お店によってはソフトウェアに対してそこまで詳しいスタッフがいない場合がありますので、
起動しなくなる直前の行動が影響している場合もあれば、そうでない場合もあるからです。

スマホ自体が起動をそもそもしない場合に関しては、起動させる状態まで持ち直してはじめて、修理および復旧方法がわかります。そのため、修理にかかる費用はすでに相場がある程度決まっているので、それぞれの人の予算感によって起こすべきアクションが異なります。

スマホの画面が真っ暗で映らない・起動しない場合データはどうなる?

ただ、このページをご覧になっている方のほとんどは上記のようなシチュエーションを経験されているかと思うので、どうすれば直るのか、を下記にまとめます。

液晶パーツ交換でスマホ本体を復旧できる場合はほとんどない

液晶には何も表示されない、もしくはうっすらと待受画面などが表示される場合には、液晶のパーツを交換することで修理することが可能な場合もありますが、ほとんどの場合はマザーボードが故障している、もしくはとても劣化している(経年劣化)場合が多いです。

実際に何百台も扱ったことがあるので経験則ではありますが、液晶パネルだけを交換して表示が改善したことはほとんどありません。そのため、画面が真っ暗でなにか表示されているので、液晶交換で直るでしょ!と決めつけて、まちなかのスマホ修理屋さんに行っても、逆にトラブルに発展する場合もあります。

リーズナブルに済むほうが良いと思ってるのはお客さんも店舗側も同じように考えていることがほとんどだと思います。その時にリスクになるのが壊れたスマホを持っている本人の誤診、です。そして、修理経験がそこまで多くない修理屋さんがそれを鵜呑みにしてパーツ交換を試みて、今度は何も表示されなくなってしまう・・・ということも十分にあり得ます。

電池の交換で直るケースって?

充電して長時間放置すると充電マークが出ることがあります。その場合には電池交換で修理することはできます。バッテリー残量がたくさんあったのに、急に電源が落ちてしまうというのも、バッテリーの経年劣化なので、電池交換で再び動くようになります。しかしながら、充電ケーブルを挿しても、うんともすんとも言わないような状態の場合もあるかと思います。この場合に関してはバッテリー交換で修理することができないと考えられます。

利用頻度や利用方法、環境による違いはありますが、スマートフォンのバッテリーの寿命は2、3年程度と言われています。そのため、5年以上使っているなどの場合を除いて、電池交換で直せる、データ取り出しできる状態に戻せるケースというのは少なくとも立ち上がる場合が多いと言えます。

スマホの基板トラブルってどうやって修理するの?

よくあるトラブルとして、水没させてしまったり、コーヒーをかけてしまった、キッチンで利用していて水をかけてしまったなど、それらによって電源が入らなくなった場合には基板の修理が必要になります。基板のトラブルに関しては障害の切り分けを行った上で、マザーボードのどこが壊れているかをチェックしながら、修復してゆきます。

基板に関してはプリント基板、ICチップ、その他電子制御装置で構成されているのですが、これらのどこかの部分が不良となっているので修理する必要があります。これらをハンダ付けで基板上の回路の問題点を修復してゆくことになります。

基板修理の注意点

ただ、一般的な修理と違うのは、基板が壊れる状態までの状況では、修理後に長く動作を続ける保証がないということです。そのため、3年以上の長期間に渡る利用による経年劣化、またそれに加えて高所から落下させたことによる基板上の損傷などもあり得ます。

スマホの基板トラブルってどうやって修理するの?

参考:みんな知らない!Androidスマホの基板修理・データ復旧の秘密




おすすめのスマホデータ取り出し業者

データ取り出し業者に関してはもともとPCに搭載されているHDDなどのディスクからのデータリカバリーを行っている会社がスマートフォンのデータの取り出しを行っている場合、スマホ修理からデータ復旧に派生して、データ取り出しをやっている業者に大きく分類することができます。

ここから有名どころを含めて、おすすめできるスマホデータ取り出し事業者をご紹介します。

SMARTFIX

株式会社ブレイディアが運営するデータ復旧サービス「SMARTFIX」です。スマートフォン修理サービスを提供している事業者でそこからデータ復旧サービスを開始しているようです。基板の修理サービスをiPhoneで提供しているようです。Androidに関してはXperiaの修理で総務省登録修理業者になっています。Androidに関しても基板の修理サービスを提供している可能性があります。

Win Data Rescue

株式会社くまなんピーシーネットが運営するデータ復旧サービス「Win Data Rescue」です。パソコンのデータ取り出しでは高度なデータ復旧設備を導入している老舗です。AndroidやiPhoneのデータ取り出しサービス詳細ページに書かれている内容としては誤削除や初期化したスマホのデータ復旧サービスを提供しています。基板修理を提供しているわけではないようです。ソフトウェアを使ったデータリカバリーを中心に行っている印象です。

パソコンは発売してから30年以上の期間が経っているので、そのことからもデータ取り出しの実績は多数あることがわかりますが、冒頭でも説明したように誤削除や初期化してしまったスマホのデータ復旧にはパソコンのデータ復旧ソフトを利用しているものを活用してデータ取り出しができそうですが、起動しないスマホからのデータ復旧はスマホ修理屋からデータ復旧サービスを提供している業者の方が技術力が高い可能性があります。

そのため、画面が真っ暗になっている、起動しないスマホからのデータ取り出しをしたいのであれば、SMARTFIXがおすすめできます。特にAndroidのデータ復旧サービスを提供している事業者は多くはありません。むしろここ2年くらいでAndroidユーザーが増えている傾向はありますが、データ復旧サービスに対応しているところがほとんどありません。

スマホデータ取り出しならSMARTFIXがおすすめ

Xperiaの修理において日本の街中の修理サービスで初めて総務省登録修理業者に登録されたSMARTFIXがおすすめです。アンドロイドのデータ復旧サービスを提供している業者は多くありません。そもそもiPhone修理業者は2000店舗ほど国内にありますが、Android携帯の修理サービス提供業者は少ないからです。SMARTFIXはiPhoneのデータ復旧をはじめとして、その他の最新デバイスのデータ取り出しのための高い技術あります。そのため、埼玉県警から捜査協力のためにデータ復旧のための技術提供の実績があります。




まとめ

スマホのデータをなんとか取り出したい!そんなときに、iPhoneとアンドロイドのスマホだと市場シェアが圧倒的にiPhoneが大きいことからも、日本国内では特にAndroidスマホのデータ復旧業者が少ないのが事実です。

初期費用が高くついて何も成果がないのに支払いをしなければならない・・・。という口コミもネット上で見かけます。そのことからも初期費用が法外にかからず、適正価格でデータの復旧ができる業者を見つけることが大切です。

起動しないスマホを修理しようとすると、実際にはデータが重要かどうかが鍵です。
データのバックアップがばっちり取れているのであれば、スマホの買い替えをメインに考えた方が良いかと思います。

もちろんスマートフォンは年々ハイエンドの高価なモデルもありますが、十分に進化したので、5万円くらいで購入できるモデルもあります。常日頃からデータのバックアップを取ることで、急にやってくるブラックアウトショックを避けるための準備しておくことをおすすめすます!